クールジャパンを軽く凌駕。NYを席巻している「K-POP」の存在感

shutterstock_1398568397
 

日韓の関係悪化の話題が尽きず、韓国の経済環境の悪化も伝えられていますが、ニューヨーク在住コリアンたちはいたって元気で、パワーに溢れているようです。メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』を発行する米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋さんが、取材した「K-POP」イベントの様子を伝え、日本のメディアが伝えない「韓国系の存在感」の現状と理由に迫ります。

ニューヨークにおける韓国系の存在感

今月の6日と7日、ご招待でマンハッタンのマディソンスクエアガーデンで行われた「K-POP」イベントに行ってきました。世界最大のコリアンカルチャーコンベンション「KCON2019ニューヨーク」の取材を兼ねて。たしか日本でも開催しているとか。

そこの来場者だけで、なんと5万5千人…。東京ドーム、フルハウス分です。今年で開催5年目らしいです。どこが不景気なんだ!?と思うほどの大盛況でした。

会場だけではありません。このイベント自体を宣伝する映像が、1日の流動人口、150万人のタイムズスクエアの電光掲示板やナスダックビルのスクリーンで1日中、流されました。そして、テレビも、NBC、ABC、CBS、FOX5、PIX11、NEWYORK1など、現地のメディアが特集を連続的に報道。文字通り、本当に、ニューヨークが韓国一色に染まりました。

そして、来月にはこの勢いと厚みをそのままに、西海岸はロサンゼルスのステイプルズセンターおよびLAコンベンションセンターでも「KCON2019ロサンゼルス」を開催する予定になっています。ニューヨークのマジソンスクエアガーデンも、LAのステイプルズセンターも、北米を代表するイベントホールです。

言葉にするのも、正直嫌ですが。はっきり言って、今現在、この国の、少なくともニューヨークにおいての、コリアンカルチャーの存在感は、クールジャパンのムーブメントをはるかに凌駕しています。もっと言っちゃうと、比べ物にならないほど、韓国系の勢いの方が強い。もともとの移民の絶対数を言っているわけではありません。母国から進出してきている、今現在のポップカルチャーの勢いが、です。

テレビをはじめとする日本メディアで、よく「世界にウケている日本文化」が特集されます。日本文化の異常に好きな外国人と、現地のその様子が映し出される。カメラはスタジオに戻り、MCの芸人さんや、ゲストのタレントさんや、コメンテイターの知識人が「日本はすごいですね~」と口を揃える。

もちろん「真実」です。そういった面、日本のカルチャー大好きな非ジャパニーズは世界中にいます。でも、おそらく、特にニューヨークのミレニアル世代に関しては、圧倒的にKカルチャー好きの方が多い。日本のどんな著名アーティストが来ても、実売チケットで、マジソンスクエアガーデンを満員にはできません。イベントの実売チケットの数を把握する仕事をしている僕が言うので間違いないと思います。

僕個人はK-popに詳しくはないのですが、今回のマジソンスクエアガーデンに出演した面々はNU`EST、THEBOYZ、VERIVERY、SEVENTEEN、IZ*ONE、(G)I-DEL、SF9、AB6IX、ATEEZ、TXT、fromis_9など11チーム。ひとりも知らねえw(資料を見ながら書いています)そのすべてのアーティストに熱い声援が送られていました。現地の在米韓国人だけでなく、現地のアメリカ人ニューヨーカーからです。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • クールジャパンを軽く凌駕。NYを席巻している「K-POP」の存在感
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け