香港デモ「女神」周庭さんと黄之鋒さんを当局が拘束、夜に釈放

2019.08.30
2076
by gyouza(まぐまぐ編集部)
hongkong
 

香港で2014年に起きた大規模デモ「雨傘運動」元リーダーで、6月に釈放されていた民主派の学生活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)さんが30日朝、香港の警察当局に拘束されたと、時事通信香港・台湾メディアなどが速報で伝えた。黄さんが事務局長をつとめる民主派団体「香港衆志」は、自身のFacebookアカウントで「今朝7時半ごろ、黄之鋒は海怡半島駅へ向かった時、街中で(多くの人に目撃された)個人の車に(警察の車ではない)押さえつけられて逮補された。今、灣仔警察本部に向かっている。噂では3つの罪で逮補された」と投稿した。

また、同団体によると、同じく「雨傘運動」の中心的人物で「学民の女神」とも呼ばれていた周庭(アグネス・チョウ)さんも、自宅で警察に拘束されたと投稿した。周さんは日本語を流暢に話し、日本のアニメから日本語を学んだと語るなど親日ぶりをアピール。日本国内の記者会見などで香港デモの背景や内情を日本語で訴えていた。

また現地の報道と、同団体のツイッターによると、黄さんと周さんは同日夜に釈放されたという。黄さんは保釈後にメディアのインタビューに応じ、「我々は諦めない」「中国政府は常に香港の自由に手を出してる」と語った。

同団体の投稿によると、周さん、黄さん拘束の理由は以下の通りだったという。

周庭さん:承認されてないデモの参加を煽った罪
黃之鋒さん:承認されてないデモの参加を煽った罪、承認されてないデモを組織した罪、承認されてないデモへ参加した罪

周さん、黄さんの2人は現在、灣仔警察本部から釈放されている。

香港の政情に詳しい台湾人の話によると、「8月31日は2014年に中国が香港の選挙制度の改革を決めた日で、のちの雨傘運動のきっかけになった日。この日を前に大規模デモの発生を抑える目的があったのでは」と話した。

香港では中国への容疑者移送を可能にする法律の是非をめぐって反政府デモが頻発しており、100万人を超えるデモや空港占拠などが発生。中国政府の軍事介入も噂されており、今回の周さん、黄さんらの拘束も関連があるとみられる。(随時更新)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 時事通信蘋果日報(アップルデイリー)

image by: VOA [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

印刷する

人気のオススメ記事

  • 香港デモ「女神」周庭さんと黄之鋒さんを当局が拘束、夜に釈放
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい