香港行政長官「逃亡犯条例」改正案を正式に撤回。TVで表明

2019.09.04
165
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1421986934
 

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストなど複数の香港メディアが4日、消息筋の話として、香港政府が「逃亡犯条例」改正案を正式撤回する見通しだと伝えたと、時事通信共同通信米ブルームバーグ日本語版などが速報で報じた。同法案の正式撤回は、ほぼ3か月前から続く抗議行動の活動家らの主要な要求の一つで、林鄭(キャリー・ラム)長官は既に法案の棚上げを発表しているが、活動家らは完全撤回を求めていた。

同長官は4日現地時間午後6時にテレビでメッセージを公表。同条例の改正案は「2020年7月に自動失効する」とした。

この報道について、日本のネット上には「よかった」「やっとか」「まだまだ油断できない」など、さまざまな意見が投稿されている。

Twitter上の反応







※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 時事通信共同通信米ブルームバーグ日本語版

image by: Teddy Hung / Shutterstock.com

印刷する

人気のオススメ記事

  • 香港行政長官「逃亡犯条例」改正案を正式に撤回。TVで表明
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい