なぜ街中の暗く寂れた個人商店はいつまで経っても潰れないのか?

shutterstock_1422237491
 

営業しているかどうかもわからないほど暗く寂れた外観、商品の陳列がほとんどされていないウインドウ、店番をしている店主と看板ネコが昼寝中……。そんな街中の小さな個人商店が潰れない理由はなぜでしょうか? 今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、そうした商店の「秘密」を暴露しています。

実は儲けている! サビれた個人商店の裏側

世の中には、お客さまが来ていないのに、いつまでも潰れない個人商店があります。営業しているのかどうかさえ、中に入らなければわからないほど、暗い商店があります。どうやって稼いでいるのでしょうか?近隣の住民でさえ知りません。年金暮らしの高齢者が暇つぶしで開けているのか、と悪態をついてしまうほど、潰れない理由が浮かばないのです。

実は、こうしたお店に共通する“稼ぎ方”があるのです。

たまに電話に出て、たまに出掛けて行きます。一時的に忙しくなる時もありますが、それが過ぎれば、ほとんどは店番で1日が終わります。非常に羨ましい商売です。

その“稼ぎ方”とは……、「学校納品」です。学校から注文が入ったり、定期的な納品に対応していれば、まとまった利益が確保できるのです。生徒数の多い学校との取り引きができれば、たった1本の電話で、多額の収益が生まれるのです。

最初に契約を取りつけるまでは苦労したかもしれませんが、その後は何年も安定経営が約束されるのです。不思議なことに、学校と商店との取り引きは随意契約で、競争入札がほとんどありません。公立校なら、すべての近隣商店にチャンスが与えられるべきなのですが、不公平な取り引きが長年続けられています。

しかも、学校はあまり価格交渉をせず、言い値で納品させています。商店にとっては、実に有り難いお客さまです。

そんな“稼ぎ方”を手に入れている業種としては、服屋(学生服)、スポーツ用品店(体操服)、金物屋(掃除道具)、書店(教科書)、写真店(出張記念撮影・卒業アルバム)、文具店(文房具一式)、パン屋(給食)などがあります。

誤解のないように書いておきますが、「学校納品=儲けている」というわけではありません。地域や学校の規模、学校の方針などによって、「学校納品」していても、さほど儲からない場合もあります。しかし、規模の大きな学校と取り引きすることで、一般客など来てもらわなくても、充分に儲かっているお店があることは事実です。

サビれたように見える個人商店は、店頭ではなく、裏で儲かっているので、お店や陳列商品に気を遣わなくてもよくなり、サビれた雰囲気を醸し出してしまうのです。儲からなくてサビれたのではなく、儲かっているから、お店に手をかけなくなったのです。

image by: Nathan Kelly / Shutterstock.com

佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント)この著者の記事一覧

なぜ、人はモノを買いたくなるのか。欲しいという感情は、どこから生まれるのか。消費行動における人の心理を知れば、売れるモノが見えてくる。売り方がわかる。小手先のテクニックなど、いらない。人を研究すれば、やるべきことはすべてわかる。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座 』

【著者】 佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント) 【発行周期】 週刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • なぜ街中の暗く寂れた個人商店はいつまで経っても潰れないのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい