JRら各社「計画運休は台風の前日までに公表」に遅すぎと批判の声

2019.10.09
418
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1503905177
 

10月12日(土)から13日(日)にかけて日本列島に上陸し、「関東直撃」の可能性も予測されている、大型で猛烈な台風19号。最大瞬間風速は75m/s(最大風速55m/s)と予測されており、最近では最も大きな台風になるとして警戒の声が挙がる中、NHKニュースなどによるとJR東日本など鉄道各社は9日、あらかじめ列車の運行を取りやめる「計画運休」についての検討を始めたということです。「実施する場合には多くの会社が台風が最接近する前日までには公表したい」としていますが、こうした対応にネット上では早くも批判の声が挙がっているようです。

前回の台風15号の時は、JRの計画運休の影響で台風の過ぎた朝8時まで電車を止めた影響で、各駅の外まで大混雑が発生し長時間並ぶ人たちが続出。そうした反省から、48時間以上前から「学校や会社を休みにするかどうかの判断を下せるように、計画運休の発表を早くするべき」という識者の意見も出ています。

【関連記事】● JR「計画運休」の大失敗。台風直撃で露呈した低スキル首都・東京

しかし、「前日までに公表」とした鉄道各社の対応にネット上では「遅すぎる」「前の反省が生かされてないのか」などと、批判の声が挙がっているようです。三連休初日に上陸する可能性の高い台風19号。レジャーや買い物を計画している家族づれや、授業がある学生たちの間では不安の声が聞こえてきています。(随時更新)

Twitterの反応






※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: NHKニュース

image by: kkb3 / Shutterstock.com

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • JRら各社「計画運休は台風の前日までに公表」に遅すぎと批判の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい