【国際情勢】2015年、岐路に立たされる日本(1)「なぜ中国は凶暴化したのか」

© 孤飞的鹤 - Fotolia.com© 孤飞的鹤 - Fotolia.com
 

『ロシア政治経済ジャーナル』No.1143(2015.01.05号)より

第2回第3回

 

2014年、たくさんの人から、「世界がいまどうなっているのか、さっぱりわからなくなった!」という話を聞きました。わかります。しかし、わからないものを「わかるようにする方法」は確かに存在しています。

実をいうと、世界情勢は、一つのストーリーになっている。なぜそうなのかというと、要するに「因果関係」で動いているから。アメリカがこういうことしたから、中国やロシアがこう反応して。それに対してアメリカがまた反応し、さらに中ロが反応し、と。全部つながっているのです。

だから、今起こっていることを知りたければ、過去から順番にお話するしかない。

どこからお話しましょうか。

アメリカの没落と中国の台頭

毎回同じ話からはじめますが、仕方ありません。

1945年~1991年を「冷戦時代」といいます。別の言葉で「米ソ二極時代」。

1991年末、ソ連が崩壊し、二極のうち一極が消えた。それで、「アメリカ一極時代」が到来したのです。

アメリカ一極時代は、1992~2008年までつづきました。そう、アメリカ一極時代は、08年からの世界的危機で終焉したのです。

「なぜ、アメリカ一極時代は終わったの?」これについて一般的には、「アメリカ不動産バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック」などで解説されます。もちろん、それは正しい。

しかし、RPEでは、もう一つ、もっと重要な理由があると書いています。つまり、「アメリカ一極主義」対「多極主義」の戦いの結果、「多極主義陣営が勝利したのだ」と。

「多極主義陣営」にいたのは、「ドイツ、フランス、中国、ロシアとその仲間たち」です。ドイツ、フランスは、現在再びアメリカの属国に戻っています。しかし、1992~07年ごろまで、両国は、「EUがアメリカにかわって世界の覇権国になる」という野望を抱いてがんばっていたのです。

その方法は、「EUの東方拡大」と「ユーロをドルにかわる基軸通貨にすること」でした。

いずれにしても、ドイツ、フランス、中国、ロシア、その他が結託してアメリカの覇権に挑戦した。その結果起こったのが、「アメリカ発世界的経済危機」だった。この辺の事情、話したら一冊本が書けるほど長くなります。

「アメリカ一極主義」対「多極主義」戦争の結果、多極主義陣営が勝利した。それで、世界的経済危機が起こった。多極主義陣営の目論見どおり、アメリカは沈みました。

しかし、当然ながらアメリカ経済危機は、多極主義陣営にも甚大な被害を与えたのです。特に多極主義陣営を主導してきた独仏を中心とするEUとロシアは、大きな打撃を受けました。

唯一、この危機を比較的軽症で(少なくとも表面的には)乗り切ったのが中国です。中国は、危機が最悪だった09年も、9%を超える成長をはたしました。

そして、世界では09年、「G2(=米中)時代」という言葉がつかわれるようになった。ある面当然ですね。中国は現在、GDPでも軍事費でもアメリカに次ぐ世界2位です。

凶暴化する中国

ライバル・アメリカの没落を確信した中国は、露骨に国益を追求しはじめます。

「国益」とはなんでしょうか? いろいろありますがが、私がここでいう国益とは、「地域覇権国家になるために、南シナ海、東シナ海を支配する」という意味です。

中国が南シナ海、東シナ海支配を目指す理由は二つあります。一つは資源。もう一つは、軍事的、安全保障上の理由です。

中国の狙いの一つは、海洋権益の確保だ。中国側は南シナ海の資源埋蔵量を石油が367億8千万トン、天然ガスは7兆5500億立方メートルと推計、「第2のペルシャ湾」と期待している。

もう一つは米国の軍事力への対抗だ。潜水艦基地のある中国海南島は南シナ海の深海部につながる。南シナ海から西太平洋に進出すれば、米海軍のプレゼンスをそぐことも可能になる。(産経新聞2014年5月9日)

基本的に中国が、尖閣、沖縄を「自国領」と主張する理由も同じ。資源と安全保障上の理由。皆さん、第1列島線という言葉を聞いたことがあるでしょう?

第一列島線は、九州を起点に、沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ島にいたるラインを指す[2]。中国海軍および中国空軍の作戦区域・対米国防ラインとされる。(Wikipediaより)

中国はこのラインを完全に支配したいので、最近は尖閣ばかりでなく、「沖縄も中国固有の領土である!」と主張しているのです。

さて、現実になにが起こったか? 2010年9月、皆さん覚えておられますね?

そう、尖閣中国漁船衝突事件が起こった。

これをきっかけに、中国は全世界にむけて、「尖閣は中国固有の領土であり、核心的利益である!」と宣言します。そして、何も悪くない日本に対し、レアアースの禁輸など異常に過酷な制裁をして、世界を驚かせました。

さらに2012年9月、日本が尖閣を国有化すると、中国は狂ったように反発。中国全土で「反日デモ」が起こり、日中関係は戦後最悪になってしまいました。

そして、中国は「尖閣国有化」の二ヵ月後、モスクワで「日本を封じ込めるための驚愕の戦略」を提案したのです。

長くなったので、つづきは次号にしましょう。

どうですか、皆さん? 世界情勢はすべて「因果関係」でなりたっている。丁寧に順番においかけていけば、何も難しいことはないのです。

>>>第2回

information:
『ロシア政治経済ジャーナル』
≪最新記事を読む≫

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【国際情勢】2015年、岐路に立たされる日本(1)「なぜ中国は凶暴化したのか」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい