ニューオータニ関係者に取材して判った桜を見る会前夜祭の「嘘」

arata20191121
 

安倍首相、桜を見る会1000人推薦認める。『昭恵枠』に批判殺到」でもお伝えしたとおり、11月8日の「招待者の取りまとめ等に関与していない」という自らの言に矛盾するかのような国会答弁を行うなど、徐々に追い詰められてきた感もある首相。野党による追求が激化することは必至ですが、元全国紙社会部記者の新 恭さんが独自取材で「新証言」を得ることに成功しました。その証言の内容を、新さんが自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で明らかにしています。

桜前夜パーティ、安倍首相の怪しい説明

来年の「桜を見る会」は、あっさり中止となった。安倍首相の判断だという。もともと外国の要人や国内の功労者をもてなすのが目的だった吉田茂以来の恒例行事も、“ツルの一声”でどうにでもなるらしい。

文芸評論家を自称する“アベ友”の一人とツイッターで交信した安倍首相は「参加者が委縮してしまう…ブログから何から追跡されて嫌がらせされたり」とぼやいてみせたとか。

総理大臣から招待を受ける栄に浴した人々が、自分のブログやフェイスブックに、誰それも一緒だったなどというコメントを、“証拠写真”とともに投稿する。彼らは素直に喜びを表現したにすぎない。

ところが、国会で問題視され、メディアが報じるや、次々と投稿内容の削除の動きが広がった。安倍首相と一緒に写真におさまったタレントなどはイメージダウンが心配される事態に。

安倍首相は「嫌がらせ」の被害のごとく言うが、当初の目的とはかけ離れた性質のイベントに変えてしまったのはほかならぬ安倍首相自身の慢心が原因ではないのだろうか。

自分のやることは常に正しい。ゆえに、野党の指摘は無視し、国会で総理の席からヤジを飛ばしてはばからない。先日は、質問中の立憲民主党の議員に向かって「共産党!」と叫び、議事を滞らせた。

森友で、加計で、虚偽答弁や、えこひいきがどんなにひどくとも、左遷をおそれる官僚は忖度して情報隠蔽や公文書改ざんに手を染める、ポストが気になる自民党議員は黙り込む。

メディアや記者の選別も目に余る。報道が気に入らないと、その記者の携帯に電話していちいち文句を言う首相はかつて存在しなかった

首相がわがまま放題でも支持率は下がらず、立て続けの不祥事とて、時がたてば世間は忘却の彼方。ますます安倍首相は増長する。

税金がつぎ込まれる「桜を見る会」に850人もの自身の後援会関係者を招待し、当然のような顔をしていられたのも、増長のなせる緩みのせいだろう。

「桜を見る会」の前夜、ホテルニューオータニで開かれた「あべ晋三後援会」主催のパーティーにも不可解なところがある。参加料が安すぎるのだ。足りない分を安倍事務所側が補てんしたとすれば、公職選挙法や政治資金規正法に抵触する。

「桜を見る会前夜祭」と銘打ったそのパーティー。「桜を見る会」を中心とした「あべ晋三後援会」の東京ツアーに心を弾ませ、山口県から850人ほどの後援会関係者が上京して同ホテルに宿泊したというから、同数ていどが参加したのだろう。

鶴の舞をイメージした創作シャンデリアが配されたゴージャスというほかない広大な空間。その場にふさわしい高級料理が並べられたに違いない。この参加費がたったの5,000円。野党各党は信じられないというが、筆者も同じだ。

野党は国会で説明するよう、メディア各社は記者会見するよう求めたが、安倍首相はそれには応じず、11月15日、答えを用意したうえ官邸のぶら下がり記者団に自ら近寄って、次のような弁明をした。

「事務所から詳細について報告を受けました。夕食会を含めて旅費、宿泊費等のすべての費用は参加者の自己負担で支払われております。各参加者が旅行代理店に支払いし、夕食会費用については、会場入り口で安倍事務所職員が1人5,000円を集金し、ホテル名義の領収書を手交し、受付終了後に集金した現金をその場でホテル側に渡すという形で、参加者からホテル側への支払いがなされたということです」

つまり、ホテル側はカネを受け取りもせず何人分必要かわからないまま、5,000円の多数の領収書を、前もって安倍事務所に渡していたということだ。

ニューオータニの宴会料金は最低でも1万1,000円というから、半額以下のディスカウントをしてくれたことになる。相手が違えばこんな大サービスをしてくれるホテルなのか。

安倍首相は言う。「夕食会の価格設定が安すぎるという指摘がありますが、それは大多数がホテルの宿泊者であるという事情を踏まえホテル側が設定した価格であると報告を受けています」

ホテルの宿泊者が多く参加する大宴会なら最低でもホテル側が半額以下にしてくれる。よくもそんな非常識な言い訳ができるものだ。

こうなったら、その道の専門家の意見を聞くほかはない。ニューオータニの元取締役で業界の裏面をよく知るA氏に、久しぶりで連絡を取ってみた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • ニューオータニ関係者に取材して判った桜を見る会前夜祭の「嘘」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい