ぴえん、べびたっぴ…女子中高生の2019年流行語、いくつ分かる?

2019.12.04
18
by MAG2 NEWS編集部 HY
shutterstock_1529669297
 

2019年の新語・流行語大賞の年間大賞は「ONE TEAM」に決まりましたが、女子中高生の流行語とは少し隔たりがあるようです。

令和元年となった今年、女子中高生の間で流行ったものは一体何だったのでしょう?株式会社AMFが女子中高生に対して実施した「2019年の流行語大賞」の結果を、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けてご紹介します。

d17469-14-831664-0

JC・JK流行語大賞2019「ヒト部門」

1位に輝いたのは、4人組ピアノポップバンドの「Official 髭男dism」です。通称”髭男”として親しまれ、「何回聞いても飽きない」というメロディーと歌詞から、YouTubeやサブスクを通して女子中高生の間で大流行。国内配信チャートでも上位を独占し、今年1年を代表するアーティストとなりました。

2位の「横浜流星」さんは、株式会社AMFが行ったJCJK流行語大賞2019上半期でも選出され、年間大賞でもランクイン。中性的な顔立ちから“美しすぎる枠”で女子中高生の人気を獲得しました。

3位の「フワちゃん」は、独特の言葉選びや奇抜な行動が面白すぎるとSNSから火が付き、YouTubeでの投稿やTwitterでの発信内容が話題に。男女ともに人気を獲得しています。

JC・JK流行語大賞2019「モノ部門」

2週間で-10kg痩せる「ハンドクラップダンス」が1位を獲得。Fitz and the TantrumsのHandclapの曲に合わせて激しく踊る韓国人YouTuberの動画が話題となり、激しいダンスながら簡単な振り付けと楽曲のノリやすさで運動会や文化祭で度々披露され、人気となりました。

2位の「PRODUCE101 JAPAN」通称「日プ」は、韓国の人気サバイバルオーディション番組の日本版で「国プ」と呼ばれる視聴者が投票しデビューメンバーを選ぶ斬新な選考方法と、番組中に見せる完成度の高いパフォーマンスで新たに関心を集めました。SNS上では、放送中に番組名が毎回トレンド1位を獲得するなど女子中高生を中心に広がっています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • ぴえん、べびたっぴ…女子中高生の2019年流行語、いくつ分かる?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい