【今日は何の日】プロ野球が誕生。きっかけはMLB選抜に惨敗

2019.12.26
10
by tututu
後楽園球場
 

今から85年前の今日、1934(昭和9)年12月26日はプロ野球誕生の日。日本初のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」が設立されました。このチーム名を聞いてどこのチームかわかりますか?そう、現在の読売巨人軍です。日本のプロ野球の歴史は巨人の歴史と言っても過言はありません。この「大日本東京野球倶楽部」が誕生するきっかけは少し前に遡ります。

プロ野球が誕生する前、野球といえば大学野球だった

1931年、当時の読売新聞社の社長、正力松太郎さんが中心となり、アメリカの大リーグを日本に招待しました。鉄人ルー・ゲーリックや剛腕レフティ・グローブら超大物選手を擁するメジャーリーグ選抜に対し、日本は大学生を中心としたチーム。そう、当時の日本の野球といえば大学野球が全盛で、プロ野球チームはまだ存在していなかったのです。日本は17戦全敗に終わるものの、興行としては大成功を収めます。

しかし、翌1932年に当時の文部省が野球統制訓令を発令。「大学生がお金を取る興行として野球をするものではない」とのお達しが出て、アメリカチームと日本の大学生チームが対戦できなくなってしまいます。そのような一連の流れがあり、職業としての野球人を作ろうということで、いわゆるプロ野球選手が1934年に続々と誕生しました。

そして11月2日、ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグ、ジミー・フォックス、速球王のレフティ・ゴメスらを擁するメジャーリーグ選抜に、初めてプロ野球選手たちで構成された全日本軍で挑みます。沢村栄治が好投を見せる試合はあったものの、結局16戦全敗。大きな実力の差を見せつけられてしまいます。しかし、これをきっかけに全日本軍の選手が中心となり、1934(昭和9)年12月26日に日本初のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」が創立されたのです。

最初のプロ野球チームには伝説名選手がズラリ

当時の主なメンバーは、沢村栄治三原修、永沢富士雄、二出川延明、中島治康、堀尾文人、山本栄一郎、スタルヒンなど。日本のプロ野球が本格的にスタートします。ちなみに、この「大日本東京野球倶楽部」と言う堅苦しいチーム名が、いつから「巨人軍」になったのでしょうか?

実はメジャーリーグ選抜にこてんぱんにやられた翌年の1935年、今度は大日本東京野球倶楽部がアメリカに遠征。この時、あまりにもチーム名が難しく、アメリカ人に発音もできなかったため、現地でマネージャーを務めたフランク・オドゥールが、元ニューヨーク・ジャイアンツの選手だったことから、「ジャイアンツというニックネームがつけられることになりました。

そう、巨人軍とはこのジャイアンツを日本語訳したものだったので、当時は「東京巨人軍」というチーム名でした。さらにその後、1947年に読売新聞社が経営にあたることになり、「東京読売巨人軍」に改称して、ニックネームを「読売ジャイアンツ」にしたと言います。このような経緯から、プロ野球といえば巨人、巨人が中心のプロ野球となっているんです。プロ野球誕生のいきさつからストーリーで追っていくと、これがよくわかりますね。

print
いま読まれてます

  • 【今日は何の日】プロ野球が誕生。きっかけはMLB選抜に惨敗
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け