NY在住人気ブロガーがYouTube動画を本格始動する前に準備したこと

shutterstock_1072105205
 

スマホのカメラ機能の進化など、動画制作のコモディティ化が進み、誰でも手軽に高品質な動画を撮影できるようになりました。自分で動画を作ったら、誰かに見せたくなるのが人間というもの。自ら手掛けたものを表現できる場があることは、とても良いことですよね。『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさんもYouTube動画を制作し始めたその一人。YouTube版「ニューヨークの遊び方」の本格始動に向けて準備したことを紹介していきます。動画配信しようと考えている人は必見。参考となる考え方やノウハウをお伝えします。

YouTube動画の配信準備その1

近々、YouTube動画を本格的にアップしていきます、というお話を以前このメルマガでお伝えしていましたが、準備は少しずつ進んでいます。順調に行けば、1月中にはアップしていけるかなというところ。

で、せっかくなので、準備過程を備忘録がてら残しておこうかなと思います。もしかしたら、YouTubeで動画配信を考えているという方や、最近YouTubeが話題だけど実際のところどうやって始めるの?という方にご参考になるかなと思います。

始めた人のリアルな状況を知りたいというニーズもあるようなので、シリーズ化してもいいかもしれませんね。

(1)そもそも動画編集って大変?

はい、動画編集は大変です。時間もかかるし、パソコンがフリーズしたり、編集していた動画を間違って消してしまった!とか、そもそも原因不明のトラブルはよくあること。

なので、配信予定の動画は、大幅に作業量を限定するため、基本的には撮りっぱなし動画を配信予定です。メンタリストDaiGoさんや一時期メディアを騒がせたN国党の立花さん、MLBのダルビッシュ・有さんのYouTube動画のようなほぼ編集なしの動画のイメージです。

以下ご参考までにメンタリストDaiGoさんとダルビッシュ・有さんのYouTubeチャンネルをどうぞ。
ご参考:
メンタリストDaiGoさん
ダルビッシュ・有さん

メンタリストDaiGoさんは10分ほどの動画配信がメインでしたが、最近では30分近い長さのもの中心。YouTubeのアルゴリズムやよりよい収益、視聴者数の増減など研究しているそうなのでメンタリストDaiGoさんのYouTube上での動きは参考になりそうです。

そして、ダルビッシュ・有さん。MLBの契約の裏側や、日々のトレーニング等々、野球や運動に興味ある方にはたまらない内容を配信されてます。さすが世界的に有名なプロ野球選手ということで、YouTubeはじめたばかりなのに登録者数と視聴回数はかなり多め。

このままユーチューバー になってしまうのか!?と思っていたところ、動画収益を亡くなった義理のお兄さんのご家族(その奥様や子ども)やシングルマザーを支援する団体に寄付すると発表。

アメリカでは11月から12月にかけては「誰かのために何かをしよう」とか、「日頃の感謝の気持ちを伝えよう」と心がける期間。特にダルビッシュ・有さんのようなスポーツ選手やセレブは率先して何かしらの慈善活動をするのでそういった活動の1つだったのかもしれません。

なおその動画はこちら。
山本KID徳郁さんへの感謝と収益の使い道 愛してるよ ~IT WAS ALL A DREAM~

ダルビッシュ・有さんのYouTube動画は少し編集もしてますが、話している間は特にカットもせずほぼ無編集。メンタリストDaiGoさんはもっとすごくて撮影ボタンと停止ボタンを押す様子も残したままの、ほんとの撮りっぱなし動画です。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • NY在住人気ブロガーがYouTube動画を本格始動する前に準備したこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け