第三次世界大戦は不可避か。米国が戦争を始めるしかない裏事情

shutterstock_1605957556
 

アメリカによるイラン革命防衛隊司令官の殺害により、緊張が高まる中東情勢。第3次世界大戦の勃発も囁かれるなどもはや軍事衝突は避けられぬ状況とも言われますが、各国はどのような思惑を持ち中東での「立場」を定めるのでしょうか。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では日本国際戦略問題研究所長の津田慶治さんが、アメリカ・イラン・アラブ諸国、さらにEUや中露の動向を読むとともに、日本が受ける影響や今後についても考察しています。

日米株価

NYダウは、連日の高値更新で、1月2日に史上最高値28,872ドルとなり、今年も爆上げが続くのかと思っていたら、2日米国防総省は、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したと発表したことで、1月3日に233ドル安の28,634ドルになっている。ドル円は一時107円台まで上昇し、原油価格は一時63ドル台に上昇。金相場は1540ドル台に急伸

日経平均株価は、12月17日に年初来高値24,091円になったが、以後景気後退などから下落して、12月30日に23,656円となり、中東情勢が緊迫して円高・原油高で1月6日は窓を開けた下落になる可能性が高いことになる(編集部注:2020年1月6日の大発会は、日経平均2万3204円86銭で2019年末より451円76銭安)。

中東戦争になるか?

米国が2日ソレイマニ司令官を無人機で爆殺したことで、イランのトップであるハメネイ師は報復を行うとした。ロシア、中国、フランスはイランのソレイマニ氏を殺害した米国の攻撃を非難。

米国は戦争に備えるために、空挺部隊3,500人を急遽、中東に派遣し、イスラエルのネタニヤフ首相はギリシャ訪問を急遽切り上げて帰国し、イランに対して戦闘警戒態勢に入った。米国・イスラエル対イラン連合軍の戦争は、避ける事が出来ないようだ。しかし、サウジなどスンニ派諸国は、ホルムズ海峡封鎖の恐れがあり、戦争に反対である。

イラン連合軍とは、シリア、レバノンのヒズボラ、イラクシーア派、パレスチナのハマス、イエメンのフーシ派などであり、裏で味方するのは、ロシアと中国になる。

このレバノンのシーア派民兵組織ヒズボラの指導者ナスララ師も、報復を宣言している。イスラエルとの国境付近にいるが、レバノン政府もヒズボラの影響下にあるので、イスラエルとレバノンの戦いも起きることになる。ゴーン氏の逃亡先も戦火に見舞われることになる。

イランは報復を宣言しているが、米国との正面戦争では負けるので、報復と言っても、米国またはイラクでの大規模テロのようなことを計画しているように感じる。

イランは、米国との正規戦争をしたくない。するなら、中露を味方にして、共同戦線にすることになるが、核戦争になるので、米中露は、裏で戦争回避に動くので、米国とイランの単独戦争になる確率が高い。しかし、それでは、イランが負けることになる。米国は、このため、ロシア国内でのテロ計画の情報をロシアに提供しているし、中国とは、米産品輸入量などの貿易面で譲歩している。

しかし、米国は3日にも現地の民兵組織を標的にしたドローンによる新たな攻撃を行い、5人を殺害した。その後も攻撃を緩めない。米国はイランとの単独戦争に持ち込む意向のようである。

米ポンペオ米国務長官は3日、イランのあらゆる報復措置に対応する準備ができていると発表。中国とロシアがイランに味方して戦争に参入しない準備ができたということである。

ソレイマニ司令官殺害は、トランプ大統領の指示によると国防総省は発表しているので、何かの意図を感じ取る。トランプ大統領は、「ソレイマニ司令官は過去20年間に1,000名をこえる市民を拷問し殺害してきた世界ナンバーワンのテロリストだ。彼を殺害する行動を米国はもっと早い時期に取るべきだった」と、また「米国人を死傷する攻撃を計画した」と米国市民の殺害計画を述べて、トランプ大統領は、行動を正当化しているが、違う理由がある

トランプ再選には、福音派の支持が必要であり、福音派は聖書の予言の実現を望んでいる。もし、トランプ大統領がヨハネの黙示録の最後の第7の封印を解くなら、絶大な支持が期待できる。ということで、再選するために中東戦争をするしかないのだ。

その上に、株価のこれ以上の上昇は、選挙前にバブル崩壊になり、経済混乱になるので、利下げも量的緩和もできないし、中国国内体制を問題化する交渉では、中国の抵抗で第2弾の合意もできない。

このため、戦争による需要創造で景気上昇をさせて、発行する戦時国債をFRBに買わせて、ドル札を大量に発行してインフレを起こして、ドルを下落させ、原油価格の上昇で米国のシェール企業を儲けさせる。また、ホルムズ海峡の封鎖で日本や中国に米国産原油やLNGを高値で売ることもできる

ということで、米国にとって、中東戦争はいいことばかりである。

問題点は、ロシアと中国が参戦すると、世界核戦争になるので、裏で根回しして、中露の参戦を止めることである。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 第三次世界大戦は不可避か。米国が戦争を始めるしかない裏事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け