第三次世界大戦の開戦秒読み。米がイラン司令官を殺した真の目的

shutterstock_1607976565
 

米国によるイラン革命防衛隊の司令官殺害が、世界に緊張をもたらしています。なぜトランプ大統領は、報復の連鎖を呼びかねない司令官の殺害という「暴挙」に出たのでしょうか。そして巷間囁かれているような、第3次世界大戦の引き金になる可能性はあるのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんは今回、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、「政治的には非常に複雑な問題」とした上で、トランプ大統領の動機や軍事衝突の可能性等を考察しています。

トランプ、イラン司令官殺害の目的とは?

普通、要人を殺害するのは「暗殺」といって、秘密裏に実行して知らんぷりをするものです。ですが、トランプはイラン革命防衛隊のナンバー2で、防衛隊の中の「クドス部隊」のリーダーであったスレイマニ司令官については、堂々と「殺した」という事実を公言してしまいました。それだけでも、非常識極まる作戦と言わざるを得ません。

このニュース、発生した事象は「ドンパチやって憎いヤツをぶっ殺した」ということで単純そのものに見えますが、政治的には非常に複雑な問題です。仮説も含めて、現時点での論点を整理しておこうと思います。

1.今回のスレイマニ殺害については、彼の率いた「クドス」というのが、イランによる中東全域におけるシーア派勢力の活動を操っていたとされ、米国とイランの長い駆け引きが背景にあるのは事実です。そう考えると、スレイマニという「大物」を殺したという大事件は、米国とイランの本格的な軍事衝突になりかねないという見方も出てきます。

ですが、一方で、今回の事件は昨年末以来発生している、クドスによると思われる駐イラク米国大使館などへのテロ攻撃とその報復という、小規模な「攻撃と報復」の中で発生したという「短期的な事象」という見方も可能です。

実は、そのどちらかというのは、評論する人間の価値観ではなく、当事者がどう考えて、どう行動するかによって決まります。ということは、現在はボールはイランが握っている中で、イランがどのような対応をするかで、事態の評価も定まって来るのだと思います。

2.トランプ側の動機ですが、中心にあるのは原油価格の操作ということだと思います。トランプの行動は、まるで「トラブルを拡大」したがっているかのように、それも「トラブルの泥沼化」を志向しているかのように見えます。全く事態を収拾する気のない、誤った判断のように見えます。ですが、見方を変えて、トランプは原油価格を上昇させるのが目的で、そのためには「トラブルを欲していて、しかもトラブルが継続することを期待しているとしたらどうでしょうか?そう考えると今回の行動は説明が可能になります。

トランプの原油価格政策ですが、少し変わったところがあります。ブッシュ以来の共和党は、エネルギー産業の利権を代表していることで、原油高を狙って行動することが多かったのですが、トランプは必ずしもそうではありません。というのは、燃費の悪いピックアップトラックや巨大SUVの大好きな支持者を中西部に抱えている中では、原油価格が上がりすぎるとマズいからです。

ただ、この年初の局面では、少し上げておこうという要素はあったのかもしれません。また、盟友のサウジや、裏でつながっているロシアなどにエールを送る」ためにも原油高政策になるこの種のトラブルを計画的に発生させる動機は十分にあります。

3.今回の事件で国際社会がハッキリと認識したのは、現在のイラク政府はアメリカとかなり仲が悪くなっているということです。現在のイラク政府というのは、イラク戦争の結果として、アメリカが据えたわけですが、その設計が根本から妙な事になっていました。というのは、アメリカのイラク戦争というのは、サダム・フセインによるバース党支配の打倒にあったわけですが、戦争の結果としてバース党、つまりスンニー派の政治勢力は新生イラクから排除されてしまったのです。

その結果として、新生イラクというのは、クルド人とシーア派から構成されることとなりました。シーア派というのは、イランの宗派と一致していますから、当然にイラクに対するイランの影響力は高まるわけです。その結果として、今回のようにスレイマニ司令官が公然と反米活動をイラクで実施できるようになっていたわけですが、同時に、イラン政府における反米、親イランということもハッキリしてしまいました。

ですから、イラク政府は「外国駐留軍隊の追放」という決議を行なって、米軍を追い出しにかかっているわけです。そのぐらい、アメリカと現在のイラクは仲が悪くなっているわけです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    (株式会社ウェイブダッシュ)
  • 第三次世界大戦の開戦秒読み。米がイラン司令官を殺した真の目的
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい