散りゆく桜。菅官房長官が名簿の加工を認める「極めて不適切」

2020.01.15
77
by MAG2NEWS編集部 NK
スクリーンショット 2020-01-15 12.54.17
 

菅義偉官房長官は14日、「桜を見る会」の推薦者名簿について、一部で部局名を隠す加工をしていたことを認めた上で「極めて不適切な対応だ」と述べたと東京新聞時事通信社などが報じた。また、招待者名簿の再調査については「すでに廃棄しており、考えていない」とした。


隠された部局名

内閣府は昨年11月22日の参院予算委員会の理事懇談会に、約4000人分の推薦者名簿を提出していたが、一部で「内閣官房内閣総務官室」の部局名を消していた。しかし、東京新聞によると、情報公開請求で東京新聞に開示された名簿では「内閣官房内閣総務官室」と部局名が記されており、これについて担当者は「誤解を招きかねないため名簿から消した」と説明したという。菅氏は、「最終的な推薦者が内閣府人事課であったため、それと異なる記載を消した」とし、加工は内閣府人事課の事務方の判断と説明。他にも同様の加工があったかといった質問に対しては「他にこのような事案はない」と否定した。

意図的に改ざんか?

政府は、参院予算委員に推薦者名簿を提出する2日前に「内閣総務官室の推薦者名簿は廃棄済み」と答弁していた。そのため、国会答弁との整合性を取るために改ざんしたのではないかと見られている。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 散りゆく桜。菅官房長官が名簿の加工を認める「極めて不適切」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け