新型肺炎の裏で進む北朝鮮消滅。米のシナリオに乗せられた金正恩

shutterstock_1385497739
 

新型肺炎対策に追われるアジア各国ですが、その裏で密かに重大な案件が進行しているようです。北朝鮮を崩壊させるのは、コロナウイルスではなくアメリカなのでしょうか。「米国が北朝鮮によるICBM発射時の対応について準備を進めている」とするのは、元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さん。島田さんは今回、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』でその内容を詳しく報じるとともに、大統領選イヤーに米朝戦争が勃発する可能性についても分析・考察しています。

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

 

2020年、北朝鮮は消滅するのか?

非常に激しいタイトルに驚かれたかもしれません。世界を恐怖に陥れ、不安を掻き立てている新型コロナウイルスCOVID-19の蔓延のニュースは、もうすぐ死者が2万人に届きそうなアメリカでの新型インフルエンザの猛威を隠し、そして、北朝鮮という国家とその国民の生存に関わるような重大な事態を隠しています。

では今、北朝鮮をめぐってどのような事態が進行しているのか。

3度の米朝首脳会談を経て、世界は希望を抱いたかもしれませんが、実際には、北朝鮮の非核化についての具体的な策は何一つ決められず、またアメリカが主導する対北朝鮮制裁が解除される見込みも全くと言っていいほどありません。

時折、思い出したかのように“約束”された実務者協議が2国間で散発的に開催されてはいるものの、実態を見てみれば、アメリカも北朝鮮も、明らかに準備不足で、何も決めるつもりはない、何も譲歩する気がないことが分かります。

一応、両首脳とも国内向けアピールのために、美辞麗句を並べ、笑顔で固く握手して写真に納まっていますが、何も詳細をすり合わせない状態でのトップ会談ですので、実現可能性の高い内容は生まれていません。

しかし、このdeadlockにも思える状況が、トランプ大統領から北朝鮮に対して仕掛けられた一種の罠だったとしたら、皆さんはどう思われるでしょうか。

その可能性に気付きだした北朝鮮は、昨年、トランプ大統領にとっての本当のred lineはどのあたりかを探るために、大きな賭けに出ました。従来からの瀬戸際外交への回帰と、トランプ大統領を懐柔しようとする動きの繰り返しです。金正恩氏からの親書では、トランプ大統領を讃えていますが、ほぼ時を同じくして、ミサイル実験を続け、威嚇もエスカレートさせています。

短距離弾道ミサイルの発射実験、ICBMにも転用可能な固形燃料によるエンジン噴射実験、潜水艦から発射するSLBMの発射実験、そして、核実験の再開を匂わす様々な動き…、どこまでがトランプ氏の許容範囲かを探ろうとしています。その度、トランプ大統領の反応は「状況を見極めてみよう。しかし、金正恩氏が自らを破滅に追い込むことはしないと信じている」と、平静を装いつつ、しっかりと威嚇を行っています。

2019年はトランプ大統領にとっては、対北朝鮮我慢の年となりましたが、11月末に北朝鮮から出された一方的な要求、そして「クリスマスプレゼント」と題された脅しを受け、トランプ大統領は北朝鮮対策のギアを数段上げた様子です。

皆さん、2020年1月3日に何が起きたか覚えてらっしゃるでしょうか。アメリカによるイランの革命防衛隊ソレイマニ司令官の暗殺です。中東の魔の三角地帯と言われるイラン・イラク・シリアでは絶大な支持を集める彼を殺したことで、中東地域でのカオスがより酷くなったのは“直接的な影響”だとして、この暗殺にはもう一つのメッセージがありました。

それが、金正恩氏に向けた“クリスマスプレゼントへの返礼”です。「その気になればピンポイントで暗殺することができる」「一挙手一投足は常に見張られているぞ」というメッセージです。

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 新型肺炎の裏で進む北朝鮮消滅。米のシナリオに乗せられた金正恩
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け