国民を騙したツケ。安倍首相「虚偽」答弁がホテル側の回答で発覚

2020.02.18
2781
by MAG2NEWS編集部 NK
20200212corona_01
 

安倍首相の答弁内容を、ホテル側が「全面否定」していたことが、朝日新聞毎日新聞などの取材で明らかになった。安倍首相は17日の衆院予算委員会で、安倍首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭の会場となった「ANAインターコンチネンタルホテル東京(旧・東京全日空ホテル)」が宛名のない領収書を出したと回答。また、野党からホテル側への質問には「個別の案件は営業の秘密に関わる」として回答しなかったと答弁していた。これについて、ホテル側は「申し上げた事実はございません」と回答したという。安倍首相の反論をホテル側が否定した形となったが、果たして首相の答弁に正当性はあるのだろうか。


「これ以上ホテル側に要望しない」

「宛名が空欄の領収書を発行したことはない」とするホテル側の回答の真偽について問われた安倍首相は、自身の事務所を通じて改めてホテル側に確認したとし、「あくまで一般論で答えたもので、個別の案件については営業の秘密に関わるため、回答には含まれていないとのことだ」との回答を得たとし、安倍事務所は明細書などの発行は受けていないと述べた。また、「ホテル側には予算委員会で私が答弁する旨を伝え、確認したことを答弁している」として「これ以上、ホテル側に要望することは考えていない」と回答していた。

この答弁についてホテル側は全面否定している。当然、野党の追及は免れられないだろう。「桜を見る会」問題を最初に追及した日本共産党の田村智子参院議員は18日朝、「ANAホテルの矜持を、官僚も自民党も正面から受け止めてほしい」とツイートした。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 国民を騙したツケ。安倍首相「虚偽」答弁がホテル側の回答で発覚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け