安倍首相、支持率の低下恐れ「臨時休校」要請に国民から怒りの声

2020.02.28
2703
by MAG2NEWS編集部 NK
 

首相は想定したか?休校の影響

まだ実施されていない高校入試や、授業時間の不足、期末試験が実施されないなかでの成績や単位、そして一生に一度しかない卒業式。卒業式キャンセルによる着物のレンタル会社の損害。子どもたちや企業だけでなく、共働き世帯への影響もはかりしれない。高校3年生の子を持つ世帯ならまだしも、小学校低学年の子を持つ世帯はどうなるのか。働く親に考慮したとして、臨時休園の対象とされていない保育所や幼稚園、認定こども園でも、小中高の自粛を受けて休園する施設も少なくない。実際に、日本のネット上では園で働く先生たちによる自粛を求める投稿も見つかった。

神奈川県内のとある「臨時休園対象外」の幼稚園では、27日23時に連絡が入り、3月2日からの休園が伝えられたという。この園に子どもを預け、共働きをしている母親は「テレワークは強制されていないから導入される見込みもない。実家も遠い。1ヶ月間欠勤するわけにもいかない。もうどうしたらよいかわからない」と頭を抱えていた。安倍首相には、このような国民の暮らしが想定できた上での決断なのだろうか?

ここまで日本で新型コロナウイルスの感染が拡大してしまった元凶は、日本政府の「後手の対応」と「中国への忖度」であることは明らかだ。その上、時差出勤やテレワークを「要請」、イベント自粛を「要請」し、それぞれの判断を企業や個人に丸投げしている。現政権の化けの皮が完全に剥がれる日は、そう遠くないだろう。

Twitterの声

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:時事通信NHK

image by:首相官邸HP

print

  • 安倍首相、支持率の低下恐れ「臨時休校」要請に国民から怒りの声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け