休校中の子供たちへ。ジャンプ、進研ゼミなど無償提供に称賛の声

2020.03.03
59
by MAG2NEWS編集部 NK
723b2c7265619ee77acdcabd420fc68e-650x401
 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置として、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の「臨時休校」が要請された。子どもたちが家庭で過ごす時間が増えたことを受け、大手企業がさまざまな無償サービスを提供していることが話題となっている。

週刊少年ジャンプ

集英社は、「週刊少年ジャンプ」の2020年1月号から先週発売した13号までを漫画配信アプリ「少年ジャンプ+」と電子書籍ストア「ゼブラック」で無料公開中。配信期間は3月2日正午~31日午後11時59分まで。編集部は、公式Twitterで「子供たちはじめ外出が難しい方々に週刊少年ジャンプデジタル版を楽しんで頂ければと思います」と投稿。無料公開スタート時は、アクセスが集中し繋がりにくくなるなど、すでに好評を集めている。

コロコロコミック

小学館は、電子漫画ストア「小学館eコミックストア」で無料で公開すると発表した。「月刊コロコロコミック」の2020年1月号と「Sho-Comi」「Cheese!」「ちゃおデラックス」「ベツコミ」「プチコミック」「月刊flowers」のバックナンバーはすでに配信されている。コロコロコミックも、来週以降1号ずつバックナンバーを公開するという。配信期間は3月中を予定している。

KADOKAWAの人気シリーズ

株式会社ブックウォーカーは、「総合電子書籍ストアBOOKWALKER」にて児童書207冊を無料公開している。対象作品は、『怪盗レッド』『五年霊組こわいもの係』をはじめとしたKADOKAWAの「角川つばさ文庫」作品に加え、『どっちが強い!?』シリーズや『日本の歴史』などの角川まんが学習シリーズなど。配信期間は4月5日まで。

print
いま読まれてます

  • 休校中の子供たちへ。ジャンプ、進研ゼミなど無償提供に称賛の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け