米国にノンアルコール飲料ブームの兆しで日本企業にもチャンス

shutterstock_1406780939
 

少し前になりますが、1月19日から21日かけて「第45回ウィンター・ファンシー・フード・ショー」がサンフランシスコで開催されました。食品や飲食に関わる人なら気になる情報が多くあるというこのフードショー。『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者で、マーケティングのプロでもあるりばてぃさんがこの様子を紹介。アメリカではアルコールフリーのビールやカクテルにブームの兆しがあるようで、日本の事業者にもチャンスがありそうだと伝えています。

2020年ウィンター・ファンシー・フード・ショー

ようやく、サンフランシスコで開催された「ウィンター・ファンシー・フード・ショー」(45th Winter Fancy Food Show)についてお伝えしよう。

食関係のお仕事をされているという方はもちろんだが、食に関係ない仕事をしているという方にとっても体に重要な食について今の欧米のトレンドやなぜそうなのか?について学べるし、食のお仕事やはたまた海外事業展開しているという方にとっても参考になる話がかなりあると思う。

まずは基本情報を今号で取り上げ、次号は2020年の食のトレンドをみながら個別の事象や、日本の食材の取り上げられ方、さらには、海外の人が日本の柚子農家を買取り展開している飲料についてもお伝えする。

それでは、「ウィンター・ファンシー・フード・ショー」(以下フード・ショー)の概要。このフード・ショーは、1月19~21日までサンフランシスコの複合展示施設のモスコーニ・センター(Moscone Center)で開催された食の見本市。開催は今年で45回目。アメリカ国内外から1,400社の食品関係企業が参加し、飲食アイテムは80,000種類超、参加者は20,000人超と今年も大盛況だった。

特に全米のメジャーな食品スーパーマーケットや、それらの店舗に商品を卸す各種食品メーカーが一同に介するカンファレンスとなっているため具体的な商談を行う出展ブースも多々みられる。

また、特別展示の1つにインターナショナル・パビリオンがあり日本からはJETROが取りまとめた日系食品企業が参加した他、イタリアやフランスなど17カ国が参加している。ちなみにJETROがこのフード・ショーのためにパンフレットなどに出した広告がかなり酷かったので、次号のメルマガ読者限定動画で実際の広告を見せながら簡単に解説しようと思う。

今年はイタリアがフード・ショーのパートナー国となり、75社も出展。インターナショナル・パビリオンのイタリアエリアは食欲をそそるトマトソースや美味しそうな生ハムやサラミ類、パスタなどが出展。アメリカにはイタリア移民もかなり多いので、すでにメジャーなスーパーマーケットで見かけるものも数多くあった。

なお、このフード・ショーは6月にサマー・フード・ショーとしてニューヨークでも開催されるが、イタリアが引き続きパートナー国となっている。

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • 米国にノンアルコール飲料ブームの兆しで日本企業にもチャンス
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け