横浜市立大学が快挙。新型コロナの抗ウイルス抗体検出に成功

2020.03.09
1031
by 編集部サトシュウ
shutterstock_761873647
 

横浜市立大学が新型コロナウイルスの抗ウイルス抗体の検出に成功した。横浜市は9日、会見を開き、新型コロナウイルスの患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に、横浜市立大学が成功したと発表した。新型コロナウイルスによる感染者が世界的に拡大する中、感染症の診断など、早期の実用化が期待されている。

新型コロナウイルスの抗ウイルス抗体の検出に成功

横浜市立大学学術院医学群の梁明秀教授を中心とする研究グループは、新型コロナウイルス患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体(IgG)の検出に成功。横浜市立大学のホームページによると、研究成果のポイントとして下記を挙げている。

●発症後7~10日程度経過した肺炎患者などへの使用に有効
●特別な装置を必要とせず、簡単な操作で短時間にウイルス感染の可能性を調べることが可能
●どちらも血液を用いる診断法のため、検体が採取しやすく、検体採取時の医療従事者などへの二次感染リスクが比較的低い
●PCR法と併用することで、より的確な診断を行うことが可能

今後は臨床的意義などの有用性を多数の患者検体で検証し、診断法の確立や試薬キットの開発、実用化を目指すとしている。

新型コロナウイルスの抗ウイルス抗体の検出に成功したことで、感染症の診断が簡便かつ迅速にできることになるという。騒動の収束に向かうきっかけとなるかもしれない。

print
いま読まれてます

  • 横浜市立大学が快挙。新型コロナの抗ウイルス抗体検出に成功
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け