アサヒノマスク批判首相がアベノマスクで踏んだり蹴ったりの悲劇

takano20200428
 

それぞれの国民から批判的に受け取られることが多い、日米両首脳による新型コロナウイルスの流行防止策。彼らはなぜ初動を誤り、その間違いを完全に修正することができなかったのでしょうか。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、安倍・トランプ両氏の現時点までの動きを改めて確認しつつ、その原因を探っています。

※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2020年4月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール高野孟たかのはじめ
1944年東京生まれ。1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。2002年に早稲田大学客員教授に就任。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

こういう時だからこそ問われる指導者の能力と品格――幼児性を競い合う?日米首脳

「AERA」4月27号の「リーダーたちの危機対応『通信簿』」では、主要国指導者の5点満点によるランキングは次のようである。

     総合 決断力 実行力 情報発信力 責任感 市民の支持

メルケル 5.0   5   5     5    5     5
蔡英文  4.2   5   4     4    4     4
習近平  3.2   4   5     2    3     2
ジョンソン3.0   3   2     4    3     3
トランプ 2.0   2   2     3    1     2
安倍晋三 1.4   1   1     2    1     2

なぜかここには文在寅が入っていないが、たぶん蔡英文の次くらいに位置するだろう。いずれにしても我が安倍首相は、あのトランプをも大きく下回って最低ランクである。

デマゴギーを振りまくようになったらお終い

トランプ大統領と安倍首相に共通するのは、自分の過ちを認めたくないが故に他人を引き合いに出して罪を逃れようとする、与良正男の表現を借りれば「しかられた子供が『だって○○ちゃんだって……』と言い訳するような……幼児性」である(毎日新聞4月22日付夕刊)。

その最近の典型例が、全国民的に不評な「アベノマスク」をめぐる安倍首相の朝日新聞記者とのやりとりである。17日の首相記者会見で朝日の記者が「最近では布マスクや星野源さんの動画でも批判を浴びているが、この間の一連の対応についてご自身でどのように評価しているか」と問うたのに対して、安倍首相はムキになってこう言った。

「御社のネットでも布マスク、3,300円で販売しておられたということを承知しておりますが、つまりそのような需要も十分にある中において、我々もこの2枚の配布をさせて頂いた」

これって、聞いている全国民には何のことやらよく分からないと思うが、朝日記者の質問の中に「布マスク2枚全戸配布が不評だがそれについてどう思うか」という意味が含まれていたのにイラついて、安倍首相は「朝日の通販サイトでも布マスクを3,300円の高額で売っているじゃないか。何でお前がそんな質問をできるんだ」という趣旨の反撃をしたのである。

しかし、これは安倍首相が聞きかじり程度の知識に基づいて朝日に一太刀浴びせようとしてデマゴギーを振りまいてしまった愚行で、さてこれをどう収拾するのだろうか。

print

  • アサヒノマスク批判首相がアベノマスクで踏んだり蹴ったりの悲劇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け