新型コロナで別れる明暗。なぜ日本はアビガンを使わせないのか?

shutterstock_1679601547
 

新型コロナウイルスによる感染症の初期段階に投与することにより、症状改善に大きな効果があるとされるアビガン。しかしながら日本発のこの薬剤、同感染症の治療薬として認可されておらず、医師の判断だけでは使えないというのが現状です。なぜこのような状況が続いているのでしょうか。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では、著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんがその真相に迫るとともに、政府の対応が招いた「宝の持ち腐れ」状態を強く批判しています。

アビガン投与される人、されない人の運不運はどこで分かれるのか

新型コロナウイルスに冒され、生き延びた人、亡くなった人。基礎疾患の有無とか年齢の違いもあろうが、その差に、運不運を感じる。ともに60歳代、二人の有名人のケースがそうだ。

岡江久美子さん。4月3日に発熱し、病院で診察を受けた。4、5日様子を見るよう言われ、自宅療養していたが、6日朝に容体が急変し、大学病院に入院。ICUで人工呼吸器をつけた。その後のPCR検査で、新型コロナ陽性が判明し4月23日未明、肺炎のため死去した。

石田純一さん。4月14日に病院で診察を受け、すぐにPCR検査を受けた。15日夜、文化放送のラジオ番組に電話で出演したさい、38.8度ほどの発熱が主な症状だと明かし、治療内容についても以下のように詳しく語っている。

「一刻も猶予がないのでアビガンでいかないか、というふうにお話をいただきまして。1回2回は大量投与だったですね。呼吸とかも弱くなってきたもんですから。…おかげさまでアビガンが効いて、4日間で平熱まできました」

岡江さんはPCR検査を受けられないまま自宅で様子見しているうちに重症化した。石田さんは迅速なPCR検査でコロナ感染が判明し、アビガンの投与で回復した。この明暗はあまりにもくっきり分かれている。

4月24日の衆議院厚生労働委員会で、小川淳也議員は加藤厚労相に問いただした。

「岡江久美子さんは4月3日に発症し6日まで自宅で様子見した。早期に病院でアビガンを投与すれば救えた可能性があるのではないか」

アビガンについては、安倍首相自身、4月27日の衆参両院本会議で「すでに2,000例以上投与され、症状改善に効果があったと報告を受けている」と効能を認めている。

小川議員の質問に対し、加藤厚労相は「個別についてはコメントを控えさせていただきたい」と安倍政権の閣僚らしい常套句でかわしたが、岡江さんと同じく、コロナ症状におびえ、PCR検査も受けられないまま自宅待機している人々にとっては、なんとも歯がゆい答弁であろう。

厚労省のホームページには、いぜんとしてこういう記述がある。

次の症状がある方は(1)(2)を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

 

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

日ごろから人一倍健康に気を配っていたといわれる岡江さんは発熱してすぐに診察を受けた。ただの風邪ではない自覚があったのかもしれない。しかし、その時点では息苦しさまではなかったのだろう。厚労省の指針に従って医師は4、5日様子を見ましょうと言った。

高齢者や基礎疾患のある方は発熱が2日程度でもセンターに相談を、ということになってはいるが、岡江さんはまだ高齢者とまではいえない。昨年末、初期の乳がん手術を受け、放射線治療を続けていたが、乳がん治療の専門家は、岡江さんの受けた放射線治療で免疫が低下していたとは思えないと言っている。

したがって、岡江さんを診察した医師を責めることはできないが、厚労省の指針には、いささか問題がある。「37.5℃以上の発熱が4日以上」という、PCR検査の要件に医師はしばられ、ろくに応援要員をもらえずに多忙を極める保健所はその要件を、検査数絞り込みの頼みの綱としているフシがある。

一方、石田さんの場合、病院の対応はすこぶる早かった。岡江さんと3歳違いではあっても、66歳だといちおう高齢者の部類に入るが、なにより迅速なPCR検査とアビガン投与が可能な病院にかかったことが幸運だった。宮藤官九郎氏もアビガンで快方に向かったという。

疑いのある患者に対して迅速にPCR検査をし、陽性ならどこの病院であろうと、軽症のうちにアビガンを試すことができるよう、厚労省は早急に指針を出すべきである。

print

  • 新型コロナで別れる明暗。なぜ日本はアビガンを使わせないのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け