ロックダウンのNYで日本人社長はなぜダイエットに成功したのか?

shutterstock_1719579385
 

長期にわたる自粛生活により、生活や内面、外見に変化は起こっていますか?ロックダウンが2ヶ月になろうとしているニューヨークに住む『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さんは、この期間に6kgの減量に成功するなど、さまざまなポジティブな変化があったと、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』で報告。2度とは来ないであろうこの自宅待機の時間を「人生の棚卸し」に利用しない手はないと、前向きに呼びかけています。

人生の棚卸し

どうしても、今週もロックダウンの話題になってしまいます。すいません(汗)読者のみなさまもウンザリだと思います。僕もです(笑)。でも、やっぱり、いちおう世界の中心と呼ばれる街が、史上最大の都市封鎖をしているその渦中で、他のことをあえて書くのもあまりに不自然かなとも思っています。

毎週のように、日本の方々と、オンラインでのセミナーや飲み会をして、気づかされることも多くあります。たまたま僕がお話しした方々に限ってのことですが、割とのんびり構えている方が多かったのも事実でした(もちろん例外も多くあります)。

語弊を恐れず言えば、今回の外出自粛をそれなりに楽しんで過ごしている方も結構な割合でいらっしゃいました。もちろん、それ以外の方法がないので、せめてもの気持ちのリセットだとは思います。それでも、中には、堂々と「嫌な会社に行かなくて済むので、もう少し(自粛期間)長引いてくれないかなぁ」と堂々とおっしゃられている方がいたのには、少し笑ってしまいました。

確かに、前述の方以外でも、今回のコロナ禍によって、むしろラッキーだったと思う人も少なからずはいるはずです。本音として。もちろん今の世の中的にそんなことは公言できませんが。

僕自身も、日常生活において、今回の件が「よかったかも」と思わないこともないかもしれない。もちろん、冷静に俯瞰で見れば、経営危機、経済危機というとてつもなく大きな壁にぶつかっています。まったく笑えないダメージを人生において受けています。

ただ、日々の生活で常に暗い顔をしているわけにはいかない。なによりこの20年間では、考えられないほどの「自分の時間」ができました。先日のオンライン飲み会。関西の後援会が開いてくれた「高橋克明を励ます会」と、大袈裟に銘打った、ただの飲み会で、参加してくださった数十人と一人ずつ話しました。

その最後、締めの言葉で「ここだけの話。不謹慎な言い方だけど、今日ここにいるメンバーだけでも、“自粛期間があって逆によかったね”、“この時期、いろいろやれなかったことをやれたね”って、次回、オンラインでなく、リアルに再会した際、お互いに言えるようにがんばりましょう」と伝えました。「これだけの歴史的なシャットダウン期間があったわけだから、みんな、その前と後とで何も変わってなかったら、嘘だよね」と。我ながら、いいこというなぁと思ったのでした。

偉そうなことを言いつつ、それはつまりは、自分に言い聞かせているようなものでした。僕自身、このロックダウン期間中も、おかげさまでオンラインセミナーなど多くの依頼を頂いていますが、だとしてもビフォー・ロックダウンに比べれば、考えられないくらいの時間の余裕ができました。それまでの日々、ゆとりは一瞬もなかった。それにより、今まで考えることもなかったことまで、考えるように、いや、考えられるようになりました。

print

  • ロックダウンのNYで日本人社長はなぜダイエットに成功したのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け