インドはすでに禁止。TikTok利用禁止を検討する米国の懸念点とは

shutterstock_1378101017
 

日本では中高生などの若年層を中心に人気の短編動画アプリ「TikTok(ティックトック)」。中国企業による運営であることから、インドではアプリの利用が禁止されました。さらに、アメリカやオーストラリアなどでも利用禁止が検討されているとの報道があり、動向が注目されています。今回の『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』では、著者でニューヨーク在住のりばてぃさんが、アメリカ国内でのTikTok事情について、何が警戒され、どんな使われ方をしているのか、詳しく伝えてくれています。

最近、日本でもTikTok利用者が増えているようだけど…

新しいことをはじめると、これまで興味を持たなかったものにも目がいったりするが、ふと、TikTokの今のトレンドって何だろう?と気になった。

本題に入る前にTikTokについて整理しておくと、TikTokはモバイル向けのショートムービープラットフォームで、YouTubeのように動画を配信したり、視聴ができる。動画は長くても1分ほどとなっており、次の動画をみたいときは、画面を下から上にスワイプするだけ。

主に若い世代を中心に人気のアプリなのでダンス動画やおもしろ動画クリエイティブ系などが中心だったが、最近ではビジネス利用も進んでいるようで、ビジネス系もあったりする。

そんなTikTokのアメリカへの本格進出は、TikTokを運営するバイトダンス・テクノロジーが2017年12月に約10億ドルで欧米で人気があったモバイル向け動画配信プラットフォームのミュージカリーを買収したのがきっかけ。その後、同アプリを閉鎖しTikTokに統合して今に至る。

中国企業が運営するアプリということで、アメリカよりも日本のほうがTikTok利用は早かったのだけど、上述したようにすでに人気のあった同じようなアプリをアメリカで買収し統合したことで、アメリカでもTikTokは一気に馴染み人気となった。

また、動画にはたいがい音楽をつけることができることで、新たな音楽発掘の場にもなっていたりする。これについては日本でも同様の現象があり、これまでもTikTokで有名になった曲は多数ある。
How TikTok became the music discovery platform for the smartphone generation

そんなTikTok、買収後の2018年や2019年初期頃は、ダンス系動画の他にやたら多かったのが米軍の運動神経能力を生かしたアクロバティク動画。特に陸軍が迷彩柄ユニフォームを着たまま人間離れしたジャンプ力などを見せたり、ユニフォームから普段着、ばっちりメイクでパーティ用のお洒落着などに着替える七変化のような動画などでギャップ萌えを狙ったりなどなどの動画がめちゃくちゃ多かった。はっきりと、これは流行っているなというのを実感するレベルでの多さなのだ。

それが、昨年あたりから中国政府がTikTokのデータにアクセスできることが国家安全保障上で問題視されるようになり、2019年12月には米軍のTikTok利用が全面的に禁止。あれだけあった米軍による動画は一切なくなった。
Army Follows Pentagon Guidance, Bans Chinese-Owned TikTok App

また、保護者の同意なく未成年の個人情報をTikTokが収集したとして訴訟が起きており、2020年にはTikTokは閉鎖されてしまうのでは?なんて噂も出ているほどとなっている。
TikTok’s parent company sued for collecting data on kids
TikTok Accused Of Secretly Storing Biometric Data In Lawsuit

print

  • インドはすでに禁止。TikTok利用禁止を検討する米国の懸念点とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け