デヴィ夫人「不妊の原因は堕胎」発言で大炎上。なぜ撤回せず勘違い老害化?

2020.10.28
21
by 編集部サトシュウ
SnapCrab_NoName_2020-10-28_11-24-0_No-00
 

タレントのデヴィ夫人(80)が生放送のテレビ番組で、「不妊の一番の理由は堕胎」と発言し、批判が殺到している。番組ではアナウンサーが「事実と異なる発言があった」と謝罪したものの、デヴィ夫人はが発言を撤回することはなかった。

デヴィ夫人が女性の不妊に対して不適切発言

問題発言があったのは、24日に生放送された関西ローカルの番組『胸いっぱいサミット!』(カンテレ)。菅義偉首相が掲げる不妊治療の保険適用拡大の話題についてトークしていた時だ。

議論の中でデヴィ夫人は、「不妊になる一番の理由は、妊娠して子どもを生みたくないっていって、掻爬のこと何ていう?堕胎。堕胎する。あれを絶対に禁じりゃいいんですよ」と発言。

さらにデヴィ夫人は、「本当に不妊の方いるかもしれない。でも、ほとんどの原因、9割9分はもう堕胎です。全員堕胎です」と続けた。

デヴィ夫人の暴走発言を問題視したのか、その後番組内でアナウンサーが謝罪。デヴィ夫人自身も「私が先ほど申し上げた数字に誤りがあったようなので、こちらで謝らせていただきます。失礼いたしました」と述べ、頭を下げた。

しかし、デヴィ夫人が謝罪したのは“数字の誤り”について。これはどうやら「不妊の原因の9割9分が堕胎」を指したものとみられ、発言そのものに関しての謝罪ではないようだ。

それを裏付けるように、デヴィ夫人は27日に自身のツイッターを更新し持論を展開した。

「少子化対策に向け、菅首相の不妊治療助成制度の拡充は素晴らしいと思う。しかし、私の知る限り不妊の多くは堕胎の経験者」

「結婚後、昔お付き合いしていた人の子を医者や夫に中絶したと正直に言える女性は皆無でしょう。結果、医者は原因不明の不妊症に悩むことになる」

とツイートし、番組で述べた意見を繰り返し論じた。

なぜデヴィ夫人は自らの意見を意固地なまでに曲げず、謝ることを拒むのか?

かつてデヴィ夫人は、自身が代表を務める事務所から約2200万円を着服し逮捕起訴された、元経理担当の男性から「夫人はいつも自分本位で、勝手な思い込みが激しい」と証言されたことがある。

過去には自民党の杉田水脈衆議院議員が「LGBTの人に生産性がない」という発言をしたことに対し、「子どもを作れないのだからたしかに生産性がない」と発言して問題になったこともあり、勝手な思い込みが激しいというのはデヴィ夫人の性格なのかもしれない。

今回のデヴィ夫人の発言に対しネットは大炎上。SNSでは「腹が立って悲しくて泣けてくる」「めちゃくちゃ不快」「デヴィ夫人にドン引きした」「ただの老害」など、デヴィ夫人の考えに否定的な意見が目立っている。

image by : Bert Verhoeff / AnefoCC BY-SA

print
いま読まれてます

  • デヴィ夫人「不妊の原因は堕胎」発言で大炎上。なぜ撤回せず勘違い老害化?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け