夜の生活が激減でアレが増えちゃう事情とは?【2020年10月週間人気記事】

2020.10.31
2
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1437657317
 

リモートワークでずっと家で仕事をしていると、少し季節感がなくなったりしませんか?たまに外へ出てその寒さに驚く人もいるかもしれません。それもそのはず、10月が終わりもう11月に…。今年は季節の移り変わりをあまり感じることがない一年ですね。

今回は10月19日〜25日までのMAG2NEWSアクセスデータをもとにした、週間人気記事をご紹介!

政治ネタから社会ネタ、芸能の話題まで今週も盛りだくさん!米中対立から、新たな技術を使ったセクハラ、あの注目の若手ナンバーワン女優の恋愛報道まで、気になる話題を一挙に総ざらい。見逃していた記事を一気にチェックしてみてはいかがでしょうか?

2020年10月週刊人気記事ランキング(10/19~10/25)

第10位 香港「民主の女神」周庭さんが怒りの電撃結婚?! 日本のメロンパンに苦言 

ER3HVM5UUAAS0Wc-768x511

まずは国際ネタから。香港デモ活動の中心的人物で「民主の女神」と言われた周庭(アグネス・チョウ)さん(23)。周さんがある日本の食べ物について「香港人として悲しい…」と苦言を呈したんだとか。さらに結婚にまつわる話題もご紹介!
<<<詳細記事

第9位 正社員という日本の病。なぜこの国では正規雇用がバイトより悲惨なのか 

shutterstock_343885937

非正規雇用者に比べて、格段に恵まれているとされる正規雇用者。確かに正社員は守られている部分が多くあります。しかし、そこにはさまざまな問題も存在していると、米国在住作家の冷泉彰彦さんは語ります。果たして、どういうことなのでしょうか?冷泉さんが解説していきます。
<<<詳細記事

第8位 「習近平を逮捕せよ」アメリカが描く対中国最終シナリオの仰天中身 

shutterstock_677148850

相変わらず強気な外交を進める中国ですが、南国フィジーで中国人大使館員が台湾人スタッフに暴行を加えるという、信じがたい事件が発生したようです。欧米諸国は中国に対して批判的な論調を展開。台湾出身の評論家・黄文雄さんも習近平の外交姿勢を強く非難しています。
<<<詳細記事

第7位 中国が招く「コロナ再拡大からの第三次世界大戦」最悪のシナリオ 

shutterstock_1627256197

欧州各国で新型コロナウイルスがまたも猛威を振るい始めています。しかし、元国連紛争調停官の島田久仁彦さんは、加速する世界の分断がワクチンの開発や供給までも困難にしていると語ります。果たして、世界で何が起こっているのでしょうか?
<<<詳細記事

print
いま読まれてます

  • 夜の生活が激減でアレが増えちゃう事情とは?【2020年10月週間人気記事】
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け