東京都の感染者2日連続で400人超。菅首相はコロナよりGo To重視の強気姿勢

2020.11.26
16
by tututu
arata20201119
 

東京都は26日、新たに481人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを発表した。前日の401人から80人増え、2日連続で400人を超えたことになる。また、重症者の数は25日から6人増えて60人となり、緊急事態宣言解除後最多となったとNHKなどが報じている。

東京都でコロナ重症者数が過去最高を記録

新型コロナウイルスの新規感染者が止まらない。年代別では20代の111人が最も多く、40代の82人、30代の79人が続いた。65歳以上の高齢者は83人だった。

東京都はすでに今月28日から来月17日までの20日間、23区と多摩地域にある酒を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請することを決めている。

また、神奈川県でも新たな感染者数が少なくとも249人となることが判明。これは18日に記録した226人を超え、過去最多の数字となると日本テレビなどが伝えている。

Go Toと感染者数の因果関係を認めない菅首相

全国各地で感染者数が増える中、菅義偉首相は「Go To トラベル」に対して強気な姿勢を崩さない。

25日に行われた衆参両院予算委員会の集中審議で、Go To事業が完成を広げた反省はあるかとの野党からの質問に対し、「(Go To トラベルが)主要な原因だというエビデンスは存在しない」と反論。今回の感染拡大と一連のキャンペーンは直結しないという認識を示している。

なぜ菅首相はここまで強気に出るのか?

その背景には、地方の観光関連業者を中心に事業継続への期待が根強いという判断がある。菅首相は「地域経済を支える中で、極めて有力」だと述べており、すでに多くの効果が出ているとしている。

また、「Go To トラベル」で雇用を維持できていると考えているとみられ、今後もGo To事業と感染者急増との因果関係を認めることはなさそうだ。

Twitterの反応

image by: 首相官邸

print
いま読まれてます

  • 東京都の感染者2日連続で400人超。菅首相はコロナよりGo To重視の強気姿勢
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け