次はドコモがギガホで炎上? auを笑えぬ注釈だらけの料金プランどう改定

shutterstock_1649357851-2
 

月額2980円という価格発表で衝撃を与えたNTTドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)に対して、KDDIが9日に発表したAmazonなどとの提携プラン発表会の内容が「ドコモに比べて酷い」と大炎上しました。ケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温さんは、自身のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』の中で、なぜKDDIの発表が炎上したのかについて解説。さらに、今月に発表されると思われるNTTドコモの「ギガホ」料金改定がKDDIの炎上の「二の舞」にならないかと、その懸念理由を示しています。

【関連】auがドコモに敗北宣言? 格安プラン“なし”の新サービス発表で大炎上

auが「期待ハズレ」「わかりにくい金額表記」で大炎上━━月内発表の「NTTドコモ・ギガホ」は大丈夫か

先週、auが炎上した。

すべてタイミングが悪かったように思う。先々週、NTTドコモが発表した「ahamo」があまりに衝撃的だった。KDDIは先に発表会の日程をアナウンスしており、AmazonやDAZNなどパートナー企業との発表だったため、日程を遅らせるなどの対処ができなかったものと思われる。先月は、武田総務大臣にこっぴどく怒られるなど、ここ最近のKDDIはついていない。

個人的には今回のAmazonプライムがセットになったプランは魅力的に感じている。実際、NetflixやYouTube プレミアム、Apple Musicを契約しているユーザーとしては、「データMAX 5G ALL STARパック」にAmazon プライムが追加になるのは大歓迎だ。

もうひとつ炎上した原因となったのが、金額表記の仕方だ。最終的な割引後の金額しか明示せず、なにも割引のない金額がほとんど示されなかったのに対して、ネット民から批難が殺到した。この割引後の金額しか表記しない問題は、メディアでも再三、取り上げられているが、一向に改める様子がない。今後、消費者庁などから突っ込まれないことには改善しそうにない。

ただ、今回はauが標的となったが、この手の問題はNTTドコモ、ソフトバンクも大して違いは無い。

最近、放映されてるNTTドコモの「ロング学割」のCMも、最後に「ギガホを初めてご利用の方なら900円/月」と表記されているが、最大6ヶ月間であり、その横には「家族3人ドコモ」「ドコモ光セット割」「dカードお支払い割」「ギガホ割」が適用されての「900円/月」だ。ahamoのわかりやすい料金設計で、NTTドコモに対する評価は上がっているが、既存の料金プランの見せ方は何一つ変わっていない。

おそらく今週、もしくは来週あたりに、NTTドコモは宣言通り、ギガホとギガライトの改定を発表してくるのだろう。ahamo発表会の時のプレゼン資料を改めて見てみると、既存の料金プランは「Premier(プレミア)」と題し、「小容量~無制限 フルサポート 家族でおトク」と書いてある。

ahamoがどちらかと言えば若者を中心に単身者を狙い撃ちにしている一方で、既存のギガホ、ギガライトはいままで以上に家族をターゲットにしてくると思われる。

また、NTTドコモとしてはdカードとの組み合わせも強化してくることだろう。その際、設定された金額と家族やカードのセット割をどのように見せてくるかが、結構、難しいのではないか。ahamoでわかりやすく見せることに大成功しただけに、メインとなるプランでいかにシンプルにわかりやすく見せるかの手腕が問われることになりそうだ。

一方で、すっかりだんまりを決めているソフトバンクがどんな動きをしてくるのか。特にワイモバイルの新料金プランは12月中にスタートする。ahamoに見劣りするプランで見切り発車するのか、それともサービス開始前に内容を刷新するのか。

 いずれにしても、通信業界的にはまだまだ慌ただしい師走となりそうだ。

image by: Ned Snowman / Shutterstock.com

石川 温この著者の記事一覧

日経トレンディ編集記者として、ケータイやホテル、クルマ、ヒット商品を取材。2003年に独立後、ケータイ業界を中心に執筆活動を行う。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。日進月歩のケータイの世界だが、このメルマガ一誌に情報はすべて入っている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 石川温の「スマホ業界新聞」 』

【著者】 石川 温 【月額】 初月無料!月額550円(税込) 【発行周期】 毎月 第1土曜日・第2土曜日・第3土曜日・第4土曜日(年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 次はドコモがギガホで炎上? auを笑えぬ注釈だらけの料金プランどう改定
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け