Supreme会社社長「SMシャブSEX疑惑」が大物芸能人に飛び火、覚醒剤で逮捕の裏事情

2020.12.23
346
by tututu
shutterstock_688044697
 

人気ファッションブランド「Supreme」を販売する会社の社長が、覚せい剤所持の疑いで逮捕されていたことがわかった。逮捕されたのは、大村健一容疑者(52)で、今月18日の午前0時すぎ、東京・港区のホテルの待合室で覚せい剤およそ1.1グラムを所持していたとされている。Supremeは芸能界にも多くのファンがおり、ブランドイメージの失墜は避けられないことになりそうだ。

1万円以上のTシャツが爆売れ!大人気の「Supreme」

Supremeとはアメリカ・ニューヨーク発祥のファッションブランドで、日本のみならず世界中で大人気となっている。

赤色の背景に白文字で「Supreme」と書かれたロゴが印象的で、カニエ・ウエストやジャスティン・ビーバーが着用したことから注目されるようになった。日本でも木村拓哉(48)や窪塚洋介(41)、三代目J Soul Brothersのメンバーなどが愛用し、人気に火がついた。

【関連】小林麻耶「41歳完熟ヌード」で復活か?スピ洗脳で無一文、仕事ゼロの不幸体質改善へ

だが、Supremeはとにかく値段が高い。Tシャツですら1枚で1万円以上もする。そのため、フリマアプリやオークションでも高値で取引されている。

なかなか手が出せないことからSupremeの偽物が横行。本物と見分けがつかないコピー所品が出回り、詐欺事件も多発している。

逮捕された場所が有名な「SMホテル」

そんな大人気ファッションブランド「Supreme」を販売する会社の社長が覚せい剤所持の疑いで逮捕された今回の事件。

報道では、東京・港区東麻布のホテルの待合室で逮捕されたと伝えられているが、実はここが知る人ぞ知る有名な「SMホテル」であることが判明し、騒然となっている。

このホテルのホームページを見てみると、ムチに首輪、アイマスク、洗濯ばさみなどは全部屋に完備。ギロチンや木馬、十字架、SMチェア、檻などを備えている部屋も複数ある。

ローソクをはじめさまざまなSMアイテムを販売し、ミニスカポリスやナースなどのレンタルコスチュームも充実。マニアならよだれを垂らして喜びそうなSMホテルだ。

【関連】吉岡里帆が真冬に“丸出し”透けバスト披露「もう脱ぐしかない」芸能界引退の瀬戸際?

日常では味わえない独特な世界観を楽しめることから、休憩も宿泊料金もそれなりに高額。しかし、ちょっと変わった“性癖”を持つ人たちには大人気で、場所が東麻布ということから、成功者たちが女王様とお忍びで利用していることでも知られている。

逮捕されたSupremeの大村容疑者は、まさか覚せい剤を使って性的快楽を増幅させ、SM行為を楽しもうとしていたのだろうか?

print

  • Supreme会社社長「SMシャブSEX疑惑」が大物芸能人に飛び火、覚醒剤で逮捕の裏事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け