安倍氏「桜を見る会」責任は全て秘書。118回の嘘で固めた悪の顔

2020.12.25
176
by tututu
11061708_717369335053179_5065802088073891625_n
 

「桜を見る会」前日の夕食会の費用補てん問題を巡り、安倍晋三前首相が24日午後、記者会見を開いた。時事通信などが報じた。事実と異なる説明を続けた過去の国会答弁を謝罪する一方、秘書や事務所に責任を転嫁する姿勢に終始したことで批判が殺到している。

「桜を見る会」すべてを秘書に押し付けた安倍前首相

「国民と国会議員に深く深くおわびする」と何度も謝罪の言葉を口にし、頭を下げた安倍氏。しかし、桜を見る会の前日の夕食会の費用補塡については、「私が知らない中で行われていた」と自身の関与を明確に否定。会計処理などは責任者に任せていたことを改めて強調した。

また、過去の国会答弁で虚偽の説明をしたことについては、事務所に何度も当時確認したとし、「そこで話してもらえればこうした事態にはならなかった」と釈明。自身が把握していなかったことから、虚偽答弁にはあたらないという認識を示した。

会見は約1時間ほどで、安倍政権で内閣広報官を務めた司会役の長谷川栄一氏が打ち切った。

【関連】菅首相、支持率低下を「安倍盾」で回避か?前首相を年内国会招致へ

「#安倍晋三の不起訴処分に抗議します」

罰金100万円の略式起訴を受けた公設秘書に全ての責任を押し付け、自らは不起訴となった安倍前首相に対し、多くの抗議の声が上がっている。

ツイッターでは「#安倍晋三の不起訴処分に抗議します」というハッシュタグをつけたツイートが20万超も投稿されている。

タレントのラサール石井氏は「国会で軽く謝罪して幕引きか。薄汚い幕切れだ。 これで終わりじゃないぞ」とツイート。室井佑月氏も「嘘つきはいらないんですけど。怖いです」などと投稿した。

安倍氏は国会でまた嘘をつくのか

安倍氏は25日午後、衆院議院運営委員会に出席し、桜を見る会の前夜祭を巡る問題について説明する予定で、首相時代の国会答弁が事実と違っていたとして訂正し、陳謝する。

野党側は「全く事実は解明されていない」として、国会で厳しく追及していく方針。立憲民主党の福山幹事長は、「真実を語ったというよりも嘘を嘘で塗り固めた、非常に残念な会見だったと言わざるを得ません」と述べている。

国会でも会見と同じようにすべてを秘書のせいにし、自らの潔白を訴えるだけなのか。安倍首相の嘘にだまされる国民はもはやいない。

【関連】追い詰められた安倍前首相。「桜」前夜祭にまつわる嘘八百を暴く

【関連】安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:安倍晋三公式Facebook

print
いま読まれてます

  • 安倍氏「桜を見る会」責任は全て秘書。118回の嘘で固めた悪の顔
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け