トランプ支持者が連邦議会に乱入、「市民戦争」の岐路に立つ米国の選択は?

2021.01.07
8
by tututu
shutterstock_742366738
 

トランプ米大統領の支持者らが6日、連邦議会議事堂に侵入して警官らと衝突、トランプ氏支持者とみられる女性が撃たれて死亡するなど、計4人の死者が出ている。時事通信などが報じた。議事堂では当時、大統領選の結果を確定させる連邦議会上下両院の合同会議が開かれていたが、討議は中断され、会議の議長を務めるペンス副大統領や議員が避難する事態となった。

トランプ支持者らが議事堂に突入し4人死亡

トランプ氏は同日、バイデン次期大統領の勝利確定への抗議集会をホワイトハウス近くで開催し、「我々は決してあきらめない。我々は決して負けを認めない」と強調。支持者に議事堂に向かい、抗議するよう求めていた。

参加していた少なくとも数千人のトランプ氏支持者が議会へと行進し、一部がガラス窓を割るなどして暴徒化し、建物内部になだれ込んだ。

これを受け、警察は侵入者に対し催涙弾を使用するなどしたが、混乱の中でトランプ氏支持者とみられる女性1人を含む、4人が死亡した。デモ隊の中には拳銃を所持していた者もいたとされている。

騒動が収まらないとみるや、トランプ氏は支持者らに自制を呼びかける動画をツイッターに投稿。選挙が盗まれたとの根拠のない主張を繰り返した上で「あなたたちは自宅に戻らなければならない。我々には平和が必要だ。法と秩序がなければならない」とした。

その後、州兵が動員され、議事堂に侵入したデモ隊を排除。約4時間後に混乱は収まった。

トランプ氏のツイッターのアカウントを凍結

昨年11月3日に行われた米大統領選挙。与党共和党からも負けを受け入れる声が上がる中、トランプ氏は依然として敗北を認めていない。

集会ではバイデン氏の勝利を覆せないと表明したペンス副大統領を「裏切り者だ」と支持者が糾弾する場面もあったとされている。

米ツイッターは6日、度重なる重大な規約違反があったとして、トランプ氏のアカウントを12時間凍結する措置を取った。今後も違反が続いた場合にはアカウントを永久に停止すると警告している。

また、フェイスブックとユーチューブがトランプ氏の動画を削除したとロイターが報じている。

現役の大統領がデモを煽り、大きな騒動となったとみるや、家に帰りなさいと呼びかける。日本では考えられないことが米国で起きている。

選挙で選ばれた人をリーダーにするのは民主主義の大原則。それに異を唱える者が多数存在するということは、米国の分断を象徴することにもなる。

トランプ氏が先導したことで一人の命が失われたことは間違いない。支持者らはこれからどのような行動を取るのだろうか。中断された合同会議は現地時間6日夜にも再開されるとみられている。

print
いま読まれてます

  • トランプ支持者が連邦議会に乱入、「市民戦争」の岐路に立つ米国の選択は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け