竹中平蔵YouTubeに低評価の嵐。ブーイングが「いいね!」の40倍、国民騙せず?

2021.01.19
1284
by tututu
Heizō_Takenaka
 

人材派遣大手「パソナ」グループの会長を務め、菅政権のブレーンでも知られる経済学者の竹中平蔵氏が、自身のYouTubeチャンネルを開設したのは昨年12月29日。それ以降、意欲的に動画を公開しているが、“低評価”の嵐と辛辣なコメントに耐え切れずどちらも表示をオフに。竹中氏にとって厳しいユーチューバーデビューとなってしまった。

【関連】利権はあっても理論なし。竹中平蔵氏と菅首相の哀しき共通点

竹中平蔵氏がYouTubeの評価とコメントを非表示に

『竹中平蔵の平ちゃんねる』のチャンネル登録者数は1.34万人(1月19日現在)。話題となっている割には、「チャンネル登録」ボタンを押す人は限りなく少ない。

視聴回数をみても、初回のご挨拶動画は26万回再生されたものの、その後は1万回に届くか届かないかという動画がほとんどで、大苦戦している。

【関連】ここにも竹中平蔵氏の影。菅首相のぐだぐだコロナ対策「諸悪の根源」

そんな竹中氏を悩ませていたのは“低評価”の数。開設後まもなくして、「高く評価」が480ほどだったのに対し、「低く評価」が1万6000。約40倍もの差をつけてしまったのだ。その後も低評価は増え続け、6万にまで達したという情報もある。

焦った竹中氏はすぐに評価ボタンとコメント欄の閲覧を非表示にし、その後は確認することができなくなっている。

非表示にされる前には、「言い訳するためにわざわざYouTube開設するな」「わかったから氷河期世代に詫びろ」「国民の怒りを知れ」「この低評価があなたへの評価を物語っている」「国民を苦しめたくせに小遣い稼ぎするな」など、辛辣なコメントが書かれていた。

【関連】竹中平蔵という弊害。日本をダメにした男の経済政策がポンコツな訳

「視聴者からの質問」はどこから湧いている?

しかし、最近公開されているものは、「視聴者からの質問」と題されたものが多く、扱いやすい疑問には答えているようだ。

コメント欄は閉鎖されているものの、専用フォームからの質問は受け付けており、どうやらこちらから質問をピックアップしているとみられる。

  • なぜ「株高」「円高」が続いているのか?
  • 「政府」と「与党」の関係性を教えてください
  • 国会が始まるので衆院、参院の見るポイントを教えてください

ちなみに、専用フォームは名前とメールアドレスの記入が必須となっているため、誹謗中傷のコメントが寄せられることは少ないだろう。管理しやすいものだけを利用してことは間違いない。

【関連】竹中平蔵氏が抱える心の闇。日本が日本であることへの不信と絶望

17日に放送された『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)に出演し、「YouTubeは金儲けが目的ではない」と語った竹中氏。また、評価とコメント欄をオフしたことについて、「(寄せられるものは)意見じゃないから聞かない」「バカは嫌い」と発言した。

【関連】竹中平蔵よ大罪を償え。元国税が暴く賃下げと非正規、一億総貧困化のカラクリ

しかし、公開される動画はどれも3分前後のものばかりで、ついでに喋っている感は否めない。YouTubeを続けるなら、コメント欄も公開しないと意味がないだろう。言いたいことだけを喋るだけでは、ただの言い訳にしか聞こえない。

print
いま読まれてます

  • 竹中平蔵YouTubeに低評価の嵐。ブーイングが「いいね!」の40倍、国民騙せず?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け