指原莉乃の妹分 佐竹のん乃がパパ活売春か。月300万円で抱き放題「サブスクアイドル」の闇、思い出されるナイナイ岡村の失言

2021.03.10
1338
by tututu
指原&佐竹
 

指原莉乃(28)プロデュースのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のメンバー佐竹のん乃(22)が交際クラブでパパ活をしていたことがわかった。文春オンラインが報じた。暴かれた現役アイドルの“裏の顔”に衝撃が走っている。

現役アイドル・佐竹のん乃がパパ活で売春か

記事によると、佐竹は今年に入ってから交際クラブに登録。少なくとも2月と3月にそれぞれ別の男性とパパ活をしていたという。

男性に紹介されるメールに佐竹は名前を隠すことなく、グループ名まで明かし、「希望10セット15」と記されていた。

「セット」とは交際クラブに支払うセッティング料のことで15万円、「希望」は肉体関係を結ぶにあたり佐竹が希望する金額10万円だとされている。

【関連】関ジャニ横山裕にロリコン巨乳好き疑惑。NMB48横野すみれと密会、Fカップボディに負け後輩ジャニーズがリアル“NTR”

これを安いと思うか高いと感じるかは人それぞれだが、必要な金額を用意すれば現役アイドルと関係を持てるということだ。

佐竹が所属するグループ「=LOVE」(通称イコラブ)は、2017年に12人組でデビューしたアイドルグループ。プロデューサーを務める元AKB48の指原莉乃がメンバーのオーディションから関わるなど、注目度も高かった。

当の佐竹は3月6日に卒業コンサートを行い、今月いっぱいで同グループから卒業する事になっている。文春オンラインの事実確認に対し、所属事務所は「個室でお食事をしていただけ」と回答したようだが、残されたメンバーからしてみれば、とんでもない置き土産を残してくれたものだ。

アイドルのパパ活実態①パパ活が横行する深い闇

「パパ活している現役アイドルがいる」ことは都市伝説ではなかった。しかも、ギャラ飲みなどというレベルではなく、肉体関係を結んでいた疑いが持たれている。

だが、風俗産業に詳しいライターはパパ活をしているアイドルは予想以上に多いと語る。

【関連】綾瀬はるかが“婚活”を本格化。戸田恵梨香、上野樹里に圧勝も恋愛では惨敗。新垣結衣より先に不幸体質卒業へ

「名前もグループ名も公開していたことには驚きましたが、今やパパ活はアイドルにとって最も簡単にお金を稼げる手段のひとつです。特に地下アイドルとして活動している女性たちは、本当に少ないギャラしかもらえません。手取り5万円以下なんてざらです。かといってレッスンなどで忙しいため、手軽に稼げるパパ活に手を出す子が多いのです」

ファンたちに夢を与える仕事をしていながら、自分たちはまったく夢のない生活をしている。それが売れないアイドルたちの実情だ。

「私が知っているアイドルのAさんは月に1度の頻度でライブハウスで活動しています。ライブ自体のギャラとしてはお小遣い程度、何とかファンにグッズを買ってもらって月の収入は4万円。それでは家賃も払えませんから、パパ活に励んでいるそうです」(前出・風俗ライター)

Aさんは交際クラブに登録しているだけではなく、お金を持っているコアなファンとも積極的につながり、肉体関係を結んでいる。ただ、このご時世のため、相場は下がっているようだ。

また、パパ活に勤しむのは地下アイドルだけではない。タレントの卵や売れないモデルなども交際クラブに多数登録している。

「男性側もそうしたアイドルやタレントばかりを狙って交際クラブに登録する人がいます。芸能の仕事だけで生活できるのはほんの一握りなので、パパ活するアイドルは今後もなくならないでしょうね」(前出・風俗ライター)

【関連】吉岡里帆、“恥ずかし”画像流出で窮地か。豊満バスト披露で露出増、あざといグラビア回帰で春ドラマにかける

今回報道された佐竹のん乃は氷山の一角にしか過ぎないのかもしれない。

print
いま読まれてます

  • 指原莉乃の妹分 佐竹のん乃がパパ活売春か。月300万円で抱き放題「サブスクアイドル」の闇、思い出されるナイナイ岡村の失言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け