日本は欧米に騙されるな。バイデンの二枚舌「人権外交」が招く終末戦争

 

人類が受け入れられるレベルをはるかに超える全面戦争に

これは何を招くかは皆さんご存じかと思います。

イランに対イスラエル攻撃の口実と大義名分を与え、イスラエルとの融和に向かっていたアラブ社会の怒りと反発を再燃させるとともに、決して公にはされませんが、【アラビア半島を舞台にした核戦力の対峙】という大変恐ろしい段階の一歩手前まで来ていると思われます。

5月20日の、希望的観測に基づいた報道によると、ハマス(パレスチナ)がイスラエルとの“休戦”に応じるということですが、これにはかなり数多くの、イスラエルには受け入れ不可能となっている要素も含まれるため、大規模な報復の応酬は、まだまだ続くのだと思われます。

次にこの地域で起こるかもしれない中東戦争は、確実に全面戦争化すると思われますが(ネタニエフ首相の保身のための、対パレスチナ戦争が続く限り)、その全面戦争は、もう人類が受け入れることが出来るようなレベルをはるかに超える威力があると恐れています。

「もし、欧米諸国が、国際社会が、人権外交や人権擁護の原則を、普遍的に常時適用して、国際問題の解決に協調していたら、現在進行中の紛争はここまでエスカレートしただろうか?

「もし、強国たちが、他国それぞれの国内における統治の仕方に干渉しないことを徹底できていればどうなっただろうか?」

いろいろなタラレバを考えてみたくなりますが、実際には、世界の各国は、それぞれの内政事情に鑑みて、その場その場で原則を変え、対応を変えるというダブルスタンダード、そして大きな矛盾の連鎖を繰り返して、何とか非常にデリケートな国際関係の海を渡っているのが現実でしょう。

現在、進行中の紛争や報じられることのない蛮行について知り、一部、その解決に携わる中で、国際情勢の裏側が見えてしまい、少し疲れてきました。

今回、いろいろと書いた内容に対して、いろんなご意見があるかと思いますが、これが、私が今、見る国際情勢の現状の姿です。

皆さんはどう思われますか?

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

 

image by: Abed Rahim Khatib / Shutterstock.com

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 ¥880/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 日本は欧米に騙されるな。バイデンの二枚舌「人権外交」が招く終末戦争
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け