人気アイドル、パワハラ&暴行疑惑の音声流出。ZOCメンバー“怒号と大号泣”の壮絶現場、「悪質な炎上商法」にファン失望

2021.08.16
176
by tututu
ZOC
 

人気アイドルグループ『ZOC』のメンバー兼プロデューサー・大森靖子が、メンバーの巫まろへ暴言や暴行を浴びせる様子を録音した音声が流出し波紋を広げている。音声からは現場の生々しい壮絶なやり取りをはっきりと聞き取ることができ、ファンたちからは心配する声が上がっている。

人気アイドルグループが内紛 暴言&暴行音声データ流出

ZOCは2018年に結成された6人組女性アイドルグループで、自ら「超歌手」を名乗るシンガーソングライターの大森靖子を中心として始動。大森はメンバー兼プロデューサーという立場を取っている。

数度に渡るメンバーの遍歴を経ながら、シングルを4枚、アルバムを1枚リリースするなど人気上昇中。少年院出身のアイドルとして話題となった戦慄かなのが在籍していたグループとしても知られている。

そんなZOCに突如持ち上がった“パワハラ”疑惑。加害者とされるのはグループの中心人物である大森靖子で、暴言や暴行などの疑いがもたれている。

【関連】横浜流星、“破滅型”望む深い心の闇。「低視聴率男」の烙印で絶体絶命、アイドル俳優からの脱却目指すも待ち受ける高い壁

実際にSNS上にアップされたパワハラ音声を聞いてみると、大森が巫まろのツイッターを問題視した後、「私がどう思うかはどうでもいいのか!」と激昂。

さらに、顔なのか体の一部なのかを叩くような「バチッ」という鈍い音がすると、大森はさらに声を荒げ「自分だけ傷ついてるぶってんじゃねぇよ!」と怒りをあらわにした。

巫まろが泣き出してもなお大声を張り上げる大森、悲鳴にも近いような巫まろの泣き声が響く。最終的に巫まろが泣き叫びながら部屋を出ていき、それを大森が追いかけるというところで音声は途切れるが、壮絶な場面であったことがよくわかる。

この音声だけを聞いていると、まるで何かの惨劇の現場に出くわしたかのようにさえ感じてしまう。それだけ激しい怒りと泣き叫ぶ声が収録されたものだった。(生々しい音声のため、もし聞く方がいたら十分に注意していただきたい)

【関連】新垣結衣&星野源の共演がついに実現?『逃げ恥』続編ほぼ絶望も新妻の主演映画に夫が協力、新婚生活にはおのろけ発言

恨みを持つ人間の犯行?誰が音声データを流出させたのか

人気アイドルグループの問題を浮き彫りにした衝撃的な音声データだが、アイドル事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「プロデューサーでもある大森さんが目指しているのは、若さやかわいさを売りにしないアイドル。しかし、かわいいアピールする巫まろさんがのことが許せなかったというのが、今回の怒りの矛先です。ファンに媚びるようなツイートをした巫まろさんに堪忍袋の緒が切れてしまったようです」

実は巫まろをめぐっては今月7日、ZOC公式Twitterで、8月7~9日のライブ公演を「体調不良によりお休みする」と発表があり、ファンから心配の声が上がっていた。

そこへ、13日に突如『大森靖子のパワハラ音源公開』なるアカウントが現れ(現在は削除済み)、「大森靖子の巫まろに対するパワハラ音源です。皆さん拡散よろしくお願いします」として音源を公開。上記で紹介した内容がまさしくそれだ。

同アカウントには『巫まろさんがボロボロになる前に、穏便にZOCから卒業してあげられるようにしてあげてほしいです。このままだとパワハラののち卒業という名の解雇というお決まりコースになってしまいます』という投稿もあり、本人に近い人物から流出した可能性もある。

「アイドルグループには嫉妬やねたみなどさまざまな感情がうごめくものですが、ここまではっきりとパワハラの様子が収録されている音声データは驚きました。前代未聞といっても過言ではありません」(前出・芸能記者)

【関連】熊田曜子がウーマナイザー不倫騒動から復帰。3000万円消滅もあの業界が熱烈オファー?SNSは“夜の玩具”いじりで大荒れ

ファンたちを驚かせた音声データの流出だが、騒動から数日後、今度はグループをめぐり不可解な展開へと発展していった…。

print
いま読まれてます

  • 人気アイドル、パワハラ&暴行疑惑の音声流出。ZOCメンバー“怒号と大号泣”の壮絶現場、「悪質な炎上商法」にファン失望
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け