菅入院へ?日本初「現役総理の落選」に現実味。横浜市長選の大敗北で激震、お膝元で突きつけられた“国民の敵扱い”のリアル

2021.08.23
4732
by tututu
td20210816
 

任期満了に伴い22日に行われた横浜市長選挙で、新人で元横浜市立大学教授の山中竹春氏が、前国家公安委員長の小此木八郎氏や現職の林文子氏らを破り初当選を果たした。菅義偉首相が全面支援をした小此木氏だが、18万票もの差をつけられる“大敗”に自民党内には激震が走った。周辺からは来たる衆院選で「菅首相の落選もあり得るのではないか」との声もあがっている。

全面支援した小此木氏の落選で菅首相が窮地に

蓋を開けてみれば、“ゼロ打ち”で山中氏の圧勝だった。NHKが20時の開票と同時に「山中竹春氏当選」の速報を打ち日本中を驚かせた。

衝撃の結果を受け、菅首相は23日、「大変残念な結果だった。市民の皆さんがコロナ問題とか様々な課題についてご判断をされたわけだから謙虚に受け止めたい」と述べた。読売新聞などが報じた。

小此木氏は菅首相が秘書として仕えた小此木彦三郎元通産相を父にもつ、いわば大恩人の息子。選挙期間中には坂井学官房副長官や政務秘書官の新田章文氏が街頭に立ってビラを配るなど、官邸と事務所が総出となって小此木氏を応援。文字通り、“全面支援”で選挙戦を戦った。

菅義偉首相の側近で、閣僚を辞して横浜市長選にのぞみ、当初は誰もが圧勝すると考えられていた小此木氏。しかし、出口調査の時点で既に野党候補に10ポイント以上の差をつけられるという屈辱の敗戦となった。

菅首相は周囲に「なんで自分が動いたのに小此木氏が勝てなかったのか」と、敗因を理解できずにいるといい、なぜ横浜市民がNOを突き付けたのかわからない菅政管は、もはや末期状態にあるといっても過言ではない。

【関連】あの不倫官僚が原因か?日本のコロナワクチン開発を遅れさせた“戦犯”

次は菅首相自らが大ピンチ!日本初の“落選総理”の可能性

横浜市長選での衝撃的な結果に自民党内では動揺が走っている。

自民党関係者は「横浜は菅首相の地元中の地元。他の選挙区で負けたのとは重みが違う」と語る。

「コロナの感染拡大が止まらず、対策が後手後手にまわる菅政権が完全否定された選挙。それが横浜で起きたということに大きな意味があります。党内にはもう菅政権はダメだというムードが強まり、菅首相や政権幹部のイライラはピークに達しています」

菅首相の任期満了に伴う党総裁選は26日に総裁選の日程を決定する予定で、「9月17日告示、29日投開票」が有力視されている。

横浜市長選で菅首相が支援した小此木氏が敗れたことで、早期の衆院解散は難しいとの見方が広まったが、党内ではよからぬ噂がささやかれ始めたという。

「次の衆院選で菅首相自身が選挙区で落選してしまうのではという声が上がっています。総裁選では岸田さんや高市さん、下村さんが立候補に意欲を示しているようですが、二階幹事長や安倍前総理、麻生副総理は現時点では菅さん推しです。もし、そのまま菅首相のもと衆院選を迎え、菅さん自身が落選してしまったら、現役の総理大臣が落選するという前代未聞の出来事が起こるかもしれません」(自民党関係者)

総理大臣経験者が過去に落選したことは海部俊樹氏など3例あるものの、現役の総理が落選したという事例はない。結果次第では、菅氏が“初の落選総理”となる可能性があるのだ。

既に党内では“菅おろし”が始まったとする見方もあり、選挙に勝てる総理候補が選ばれようとしている。人気が高い河野太郎ワクチン担当相の名前などが上がる中、安倍前総理を推す声もあるという。

しかし、一部からはこんなことを心配する声も…。

「安倍さんが過去に病気を理由に突然辞任を発表し、翌日から入院したように、菅さんも同様の幕引きを図る可能性もあると恐れている人もいます」(自民党関係者)

【関連】「ワクチン」の一点張りで1年も時間をムダにした日本政府の準備不足

菅首相のお膝元である横浜から起きつつある激震。政治家たちの関心はコロナ対策よりも政局にあることは間違いない。

print
いま読まれてます

  • 菅入院へ?日本初「現役総理の落選」に現実味。横浜市長選の大敗北で激震、お膝元で突きつけられた“国民の敵扱い”のリアル
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け