年金は払い損?運用に失敗している?「年金の誤解」をFPが忖度なしで解説

2022.03.26
127
 

どうせ早死にするから大丈夫

「オレ、どうせ早死にするから大丈夫」という方が多いですね。

年齢のアンケート調査では、希望寿命は76.1歳だそうです。平均寿命よりもかなり短いです。

でも、残念ながら希望通りに死ねないかも知れません。平均寿命はどんどん伸びています。

余命宣告を受けたのであれば別ですが、やはり長生きをすることを考えて準備をした方がよいというのが私の考えなのです。長生きをしたときにお金が無くて困ります。年金というのは長生きをしたときの「保険」なのです。

元気なときにお金を使わないと損?

たしかに、元気なときに旅行などを楽しみたいですね。その気持ちはよくわかります。でも、介護になったからといってお金が不要になるわけではありません。生命保険文化センターの調べによると、介護にかかる総額は約500万円以上です。認知症になった場合はもっとかかります。

平均寿命と健康寿命の差は、女性は約12年、男性は約9年です。その間もお金はかかります。

老後は長いので、その間ずっとお金はかかるのです。

おそらく、繰上げ受給で早く年金を受け取った人はその時は得のようですが、後々お金に困る可能性が大きいので注意してください。

年金を正しく理解するための一助になればと思って書いてみました。年金を賢く使っていただきたいなと思います。

image by: Shutterstock.com

長尾 義弘

print
いま読まれてます

  • 年金は払い損?運用に失敗している?「年金の誤解」をFPが忖度なしで解説
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け