かつては統一教会叩きを煽動していた『月刊Hanada』花田紀凱編集長の見事な“改宗”ぶり

stk20220909
 

先日掲載の「小林よしのり氏がズバリ指摘。統一協会の信者が教義にダマされる理由」でもお伝えした通り、過剰なまでの安倍氏礼賛と旧統一教会の擁護を展開する飛鳥新社発行の『月刊Hanada』。その編集長を務める花田紀凱氏とは、一体どのような人物なのでしょうか。今回、人気メルマガ『佐高信の筆刀両断』の著者で辛口の評論家として知られる佐高信さんが、花田氏のこれまでの経歴を辿りつつその人となりを紹介。そこから浮かび上がるあまりの変節漢ぶりを強く非難するとともに、花田氏に対して「権力の宣伝マン」の烙印を押しています。(この記事は音声でもお聞きいただけます。

【関連】小林よしのり氏がズバリ指摘。統一協会の信者が教義にダマされる理由

この記事の著者・佐高信さんのメルマガ

初月無料で読む

安倍晋三と統一教会を大擁護する『月刊Hanada』花田紀凱

西条八十作詞の「侍ニッポン」という歌がある。昭和初年に流行ったこの歌の2番は、

~昨日勤王 明日は佐幕
その日その日の出来ごころ

と始まる。

そして「どうせおいらは裏切り者よ」と続くのだが、花田を浮かべると直ぐにこの歌を思い出す。

『月刊Hanada』を出している花田に「裏切り者」の自覚はないだろう。一度は理念や思想を信じた者にのみ、「裏切った」とか、「裏切ってない」とかの概念は発生するからである。花田は「その日その日の出来ごころ」で雑誌を編集し、発行している。要するに、売れれば何でもいいのだ。

先日、統一教会(私は旧はつけない。つけると改名を認めたことになる)と闘って来た有田芳生と対談して、当時の『週刊文春』編集長が花田だったことを知った。

デスクを通して有田が「新体操の山崎浩子が統一教会に入って、合同結婚式に出るらしい」というネタを出したら、有田がまだ山崎に取材していないのに、花田は「山崎浩子、統一教会で合同結婚式」という電車の中吊り広告をつくったという。

有田は名誉棄損で統一教会から訴えられてもいるが、その裁判の弁護費用は文春が出してくれた。

有田はまた、伊藤詩織に対するレイプ疑惑の山口敬之からも訴えられているが、『月刊Hanada』の10月号を開くと愕然とする。

執筆者として「世界日報特別取材班」と山口が並んでいるからである。ちなみに花田によれば「統一教会批判は魔女狩りだ!」ということらしい。

かつて、『週刊文春』で花田が統一教会叩きをリードしたことを教会側は知らないのだろうか。それとも、知っているが、擁護に“改宗”したからいいのか。

いま、統一教会に反論の機会を与える雑誌はないと思うから、そのことを批判はしないが、一応、花田自身に『週刊文春』時代の統一教会叩きを“総括”してもらいたいと思うのは私だけではないだろう。

皮肉を言えば、統一教会が話題性を失ったら、花田はまた簡単に教会を捨てるかもしれない。

私は『世界日報』を統一教会の機関紙と思っているが、「特別取材班」によれば、それは誤りらしい。彼らはこう反論する。

(マスメディアで)散見されるのが、弊紙『世界日報』が(世界平和統一)家庭連合の「機関紙」であるとの誤った指摘である。世界日報は機関誌ではなく総合一般紙であることをまず、強調しておきたい。ところが、その事実が立法府の国会で確認されているにもかかわらず、立憲民主党の国会議員が事実を歪め、他の議員がツイートでその誤情報を拡散し続けている。許されるべきではないと考える。

要するに統一教会の言い分をそのまま載せているわけで、『月刊Hanada』は教会の友好誌、もしくは癒着誌と言っても言い過ぎではないだろう。

この記事の著者・佐高信さんのメルマガ

初月無料で読む

 

print
いま読まれてます

  • かつては統一教会叩きを煽動していた『月刊Hanada』花田紀凱編集長の見事な“改宗”ぶり
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け