絵にかいた餅の大政奉還。討幕派とともに岩倉具視が出した「秘策」とは

Iwakura,Tomomi,A,Closeup,Portrait,From,Japanese,Money,-,Yen
 

前回の記事で旧500円札の顔である岩倉具視について語った『歴史時代作家 早見俊の無料メルマガ」』の著者である作家の早見俊さん。今回も引き続き、岩倉の知られざる過去について紹介しています。

旧500円札の顔。続・岩倉具視の知られざる過去

志士との交流を続けながら、岩倉は討幕へと考えを固めてゆきます。幕府に対し、孝明天皇は攘夷を断行しないことには不満を抱いていたものの、政は任せるというお考えで、幕府による長州征伐にも賛同しておられました。

慶応二年(1866)十二月、孝明天皇が崩御され、討幕派が活気づくかと思いきや、即位された明治天皇は十六歳と年若く、二条斉敬が摂政に就任しました。斉敬は親幕府で、摂政は天皇に代わって政務を代行する役目、関白よりも強い権限を持っていました。二条斉敬の摂政就任は、孝明天皇在位の時よりも朝廷が幕府寄りとなったのです。

それでも、新帝即位に伴い、翌慶応三年の正月に禁門の変に関わった公家が赦免されました。その時、岩倉は許されず十一月になってやっと許されました。十月には大政奉還があり、時代は岩倉を必要としているかのようでした。岩倉は水を得た魚となります。五年間培った知識と人脈により、討幕派の志士たちから強い信頼を得てもいます。

幕府が大政奉還したからといって、朝廷が日本の政治を担うようになったわけではありません。そもそも朝廷には政治を担う財力も組織もないのです。それを見越し、徳川慶喜は政権を朝廷に返上しました。遠からず朝廷の方から政治を担ってくれと泣き付いてくるという計算あってのことです。

実際、徳川宗家は依然として日本最大の領地を支配する大名であり、慶喜は将軍こそ辞したものの、内大臣の官職には留まっていました。このままでは大政奉還は絵に描いた餅です。そこで、岩倉は薩摩藩の大久保利通や西郷隆盛、同志である公家中御門経之、中山忠能らと慶喜に内大臣辞職と領地返納を迫る辞官納地を進めます。

print
いま読まれてます

  • 絵にかいた餅の大政奉還。討幕派とともに岩倉具視が出した「秘策」とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け