日本以上に深刻な少子化問題を解決した、ロシアの大胆な「奇策」

shutterstock_285676829
 

少子高齢化が深刻化して久しい我が国ですが、同じ悩みを抱えていたロシアがその問題を解決しつつあります。いったいどのような方法を取ったのでしょうか。国際関係アナリストの北野幸伯さんが無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で詳しく記しています。

少子化問題が解決されつつあるロシア

私がメルマガをはじめた1999年、ロシアの人口は「年間70万人」という超スピード減少していました。「このままだとロシアは消滅する」と、マジメに心配している学者さんもたくさんいたのです。

1999年、ロシアの合計特殊出生率は、なんと1.17(!)だった。それがですよ、2012年は1.7、2013年も1.7。死亡率の低下も手伝って、人口が「自然増」しはじめている。

ロシアの出生率 記録更新

 

2015年6月19日 Sputnik日本

 

ロシア保健省は、ロシアの2014年の出生率が、過去最高となったと発表した。

 

2013年の出生率は、1990年代以降初めて死亡率を越えたが、2014年はさらによい結果が出た。

 

自然増加数は3万3,600人で、死亡率も低下している。

 

ロシアでは2014年、出生率が前年比0.8パーセント増となり、出生数は192万9700人から194万7300人となった。

 

これは、新生ロシア史上、最高値だ。

「少子化問題」に苦しむ日本としては、「どうやって出生率増やしたの????」ときいてみたいですね。

「母親資本」とは?

ロシアで少子化問題が解決されつつある。人口が「自然増」に転じている。

なぜ?

その秘密の1つが、「母親資本」(マテリンスキー・カピタル)という制度です。「母親資本」とはなんでしょうか?

要は、「子供を2人産んだ家族は、大金がもらえる」という制度。導入されたのは07年ですが、当時「平均年収の2倍分もらえる」という話だった。日本の感覚でいうと、「子供2人産んだら800万円もらえる」という感じでしょうね。

しかし、もらうお金の「用途」が決まっている。主に、

・住宅関係(住宅の購入、修繕など)

・教育関係(子供の教育費)

2015年度の「母親資本額」を見ると、45万ルーブルでした。これって、日本円で「90万円」程度です。

「90万円もらえるのなら、子供2人産むわ!」

日本人の感覚では、ちょっと想像できないですね。それで私は長年、「母親資本」なんて効いてないと思っていた。しかし、実際出生率は上がっているわけで、「なんなんだろう?」と疑問に思っていたのです。

ところが最近、「モスクワから300キロ離れたところに家を買った」という人に会い、考えが変わりました。「300キロ」というとめちゃくちゃ遠く感じますが、ロシアは国土が広大。日本人の「300キロ」とは感覚が違います。

「で、いくらしたの?」と私は聞きました。「40万ルーブル」(80万円!!!)

この会話で私は「悟った」のです。

「そうか、母親資本90万円は、田舎の人にとって大金なんだ。それで『家が買えるほど』の」

要するに「2人子供を産むと、家を買える」から、出生率が増えている。もちろん「母親資本」が唯一の理由とはいいません。しかし、これが「大きな動機」になっていることは間違いないのです。

「少子化問題は●で解決できる」

●の答えは、「」です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本以上に深刻な少子化問題を解決した、ロシアの大胆な「奇策」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい