【王様と私】日本人が気づいていない、ケン・ワタナベが掴み取った歴史的成功

りばてぃ20150602
 

(この記事は2015年6月に書かれたものです)

ミュージカルの本場ブロードウェイで『王様と私』の主演を勤め、目の肥えたアメリカの観客たちから高評価を得ている渡辺謙さん。実際に舞台を観た『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんは、その熱意にしびれ、1人でも多くの日本人に観劇してほしいと言います。

渡辺謙さんの熱意にしびれた

今週、改めていろいろと考えさせられる出来事があった。なんだかんだ言っても、やっぱり今は、グローバルな時代なのだと改めて実感。

何があったのかと言うと、リンカーンセンター劇場で上演中の名作ミュージカル『王様と私』(The King and I)を観てきたのである。

19世紀のタイ・バンコクが舞台。タイの王様と、王室で子供たちの教育係を務めることになった英国出身のアンナ(ケリー・オハラ)が文化の違いから反発しながらも次第にひかれ合う、という物語。

文化や価値観の違いがどのように共有できるのか、と訴える作品で、「個人と国の在り方が問われている時代にやるべき作品だ」という明確なビジョンが掲げられているという点でも、ひじょーに興味深い作品だが、日本人にとっては、日本人俳優の渡辺謙さんが主演されているということで、今、最も注目を集めているミュージカルだ。

ちょうど偶然、25日に、日本でもNHKが「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げていたので、ご覧になられた方もいらっしゃるかもしれない。

〔ご参考〕 The King and I

渡辺謙さんは、2003年公開の『ラスト・サムライ』でトム・クルーズさんと共演し、アカデミー賞の助演男優賞にノミネート。2006年公開の『硫黄島からの手紙』では、主役の栗林忠道陸軍中将を好演した。

『硫黄島…』の監督は、アメリカを代表する俳優でもあるクリント・イーストウッドさん。この作品は、アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞・音響編集賞にノミネートされ、CNNは「今年のアメリカ映画で唯一『名作』と呼ぶことをためらわない映画」と評価。その他各種メディアからも尋常じゃない絶賛を受けた。

この2つの作品だけを見ても、超スーパー・スペシャルなハリウッドの大作映画であり、しかも、めちゃめちゃ評価が高い。

〔ご参考〕 ハリウッド映画から日本文化を学ぶ時代、小学校の総合学習にラストサムライはピッタリ?! 

今回、渡辺謙さんにこのミュージカル『王様と私』への出演依頼が届いた理由も、王様に相応しい俳優を探していた演出家のバートレット・シェール(Bartlett Sher)さんが、『硫黄島からの手紙』を見て、謙さんに一目惚れしたからだという。

また、東日本大震災の被災地支援のため、米ニューヨークで行われたチャリティー・オークションで、謙さんが詩の朗読をしたのに惚れ込んだという説もある。

いずれにしても、まぁ、素人が見ても、だいたいみんな、「謙さん、王様ピッタリじゃん。」って思われるだろう。

また、当初発表された公演期間は4月から6月までの3ヶ月間だったので、「謙さんなら、そのくらいやるでしょ。」みたいに感じちゃう気がする。

だから、たぶん、かなり多くの日本人は、渡辺謙さんが『王様と私』で主演されるというニュースを聞いても、別にたいしてそこまで驚かなかったのではないだろうか?

でも、冷静になってよくよく考えてみると、コレはとてつもなくすごい決断だ。

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【王様と私】日本人が気づいていない、ケン・ワタナベが掴み取った歴史的成功
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい