商品名を「鼻セレブ」に変えて売上3倍。売れる名前に隠された秘密

2623921449_1907d22c69_b copy
 

「鼻セレブ」という高級ティッシュをご存知でしょうか。使ったことはないけど、商品名は聞いたことあるという方も多いかと思います。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、この「鼻セレブ」や人気お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」などを例に、ネーミングの大切さと成功法則についての考察を記しています。

なぜ「鼻セレブ」の売上は3倍になったのか?

ネーミング名前を決定することの効果は絶大です。ネーミング次第で大きく売り上げが変わります。ネーミングで売り上げが変わる事例をいくつか紹介します。

化粧品業界の事例が一番わかりやすいでしょう。実は、化粧品メーカーが販売している商品の多くは、同じような成分の製品を、商品名を異にして各メーカーが販売しているにすぎません。

たとえば、A社が販売している化粧品XとB社が販売している化粧品Yの成分を比較すると、成分がほとんど同じであることがわかります。成分はほとんど同じでも、値段や売り上げは大きく違います。

ほとんど同じ成分で、Xは高級化粧品として、Yは大衆化粧品として販売していたりします。大きく異なるのは商品名ネーミングとパッケージです。一方は高級化粧品にふさわしい商品名とパッケージに仕立て、一方は大衆化粧品に馴染む商品名とパッケージに仕立てています。

ネーミングの如何によって、同じような成分の製品であっても、高級化粧品にも大衆化粧品にもなってしまいます。それほどネーミングには力があります。人は商品名サービス名で商品サービスを判断してしまうのです。

「モイスチャーティッシュ」より「鼻セレブ」

ネーミングにより売り上げが激増した事例は沢山あります。たとえば、「鼻セレブ」は有名な事例でしょう。鼻セレブは高級ティッシュです。

鼻セレブは「ダブル保湿」と「天然由来スクワラン配合」という高機能を売りにした商品です。でもこの売りは伝わりづらいものがあります。成分について店頭でいちいち説明するわけにはいきません。

そこで重要となるのがネーミングです。当初は「モイスチャーティッシュ」という商品名で販売していたのですが、売り上げは伸び悩んでいました。保湿ティッシュ市場シェアは6~7%程度にとどまっていました。

そこで、商品名を「鼻セレブに変えたところ売り上げは急増しました。保湿ティッシュ市場シェアは20~25%を保つまでに成長したのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 商品名を「鼻セレブ」に変えて売上3倍。売れる名前に隠された秘密
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい