1000円の衝撃。なぜ流行は「チープカシオ」を二度も選んだのか?

スクリーンショット 2016-09-28 18.53.37
 

ここ数年、若者の間で大流行している「チープカシオ」というデジタル腕時計をご存じでしょうか? G-SHOCKでおなじみのカシオが90年代から製造・販売する数百円〜数千円前後の格安時計の総称ですが、これが今20〜30代の若者を中心にファッションアイテムとしてバカ売れしています。今春、英国人男性が20年前に無くしたチープカシオを庭の土の中から見つけ、たった7分遅れで動いていたことが世界中で話題になったばかり。安くて丈夫な「チープカシオ」は、なぜここまで流行しているのか? メルマガ『【最も早くオシャレになる方法】現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断』の著者・MBさんが、このブームの源流から、服との合わせ方までを詳しく解説しています。

「チープカシオ」は何故流行っているのか? トレンドの源流から合わせ方までを論理的に解説します

「チープカシオ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

今、巷で大きな流行となっている時計のこと。

1000円程度の格安カシオ製ウォッチのことです。

人気の火付け役「F-91W」

ステンレスタイプの「A158WA-1」

「チープ」と聞くと安っぽい印象ですが、国産良質品の代表格でもある「Gショック」の源流とも言えるカシオ時計。

今回は流行品である、この「チープカシオ」を、あくまでもファッション的に解説します。

そもそも「チープカシオ」は何故いまさら注目を浴びているのか?

ホームセンターなどでも売っている1000円台のカシオ。

もちろん今になって、カシオがことさらに力を入れて売り出しているワケでもありません。

何故今注目を浴びているのでしょう?

実は偶発的に起こったトレンドではなく、チープカシオが流行する流れはきちんと説明できるものです。

Apple Watch ブラック クラシック

まず「時計」と言われてパッと思いつくのは「アップルウォッチ」。

世間の注目を浴びていたアップル社の製品です。

MacやiPhoneなどを手がけてきたアップル社が初めて手がけるウェアラブル製品(身につける製品のこと)。

アップルはファッション雑誌などにも露出を強め、世界各地のファッション誌に広告展開を行っています。

実はこの「アップルウォッチ」、何もポッと出で注目されているのではなく、明らかに流行の下地がありました。

時計業界を振り返ると大きな出来事が1970年代に一つあります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 1000円の衝撃。なぜ流行は「チープカシオ」を二度も選んだのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい