中国外相「日本は、心の病を治せ」発言に見るブレない外交戦略

shutterstock_154059167
 

中国の王毅外相は8日の記者会見で、今年が「盧溝橋事件」から80年にあたると前置きした上で、日本に向けて「まず、自らの『心の病』を治さなければならない」という意味深な発言をしました。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、この言が日本国内における「中国脅威論」を牽制したものとの見方を示すとともに、今後中国が目指す穏やかではない外交策、そしてそれに対して日本が取るべき政策について記しています。

中国外相「日本は、心の病を治せ!」

中国の王毅外相は8日、記者会見で、いろいろ興味深い発言をしました。西日本新聞3月9日を見てみましょう。

「日本は心の病治せ」王外相 中国脅威論をけん制か

西日本新聞 3/9(木)10:13配信

 

中国の王毅外相は8日、開会中の全国人民代表大会(全人代)に合わせて記者会見した。今年、国交正常化45周年である日中関係について「(日中戦争の発端となった)盧溝橋事件から80年にも当たる」として歴史問題を重視する考えを強調。「日本はまず、自らの『心の病』を治さなければならない」と語り、中国の台頭を念頭に日米同盟強化に動く日本政府をけん制した。

「盧溝橋事件から80年」。今年もまた、「歴史問題重視。「日本はまず、自らの『心の病』を治さなければならない」そうです。

王氏は「われわれは当然、日本と関係を改善し、両国人民に幸せをもたらしたい」とする一方、「日本国内には依然として歴史を逆戻りさせようとする人がいる」と指摘。「中国が絶えず発展し続けている事実を理性的に受け入れる必要がある」と述べた。「心の病」とは、中国脅威論を指すとみられる。
(同上)

う~む。中国は、「日本には尖閣だけでなく沖縄の領有権もない!!と宣言している。どう考えても「日本の脅威」です。ただ、だからといって、「心の病を治すべきは中国の方だ!」と言い返す必要はありません。ここでは、中国が今の日中関係について、「どういう方針でいるのか?」を知っておくことが大事です。つまり

  • 中国は、日本との関係を改善させたい?
  • しかし、日本側は「歴史について反省が足りない」。
  • そして、「中国脅威論」をひろめている。
  • だから、なかなか日中関係が改善しない。

王外相のロジックは、こうなります。私たちから言わせてもらうと、

  • 中国は、「日本には尖閣だけでなく沖縄の領有権もない!」という間違った情報を拡散している。
  • 大変しばしば、領海侵犯、領空侵犯を繰り返している。
  • 世界中で「反日プロパガンダ」を展開している。

だから反中になるのだ!」ということなのですが。

印刷する

人気のオススメ記事


  • 中国外相「日本は、心の病を治せ」発言に見るブレない外交戦略
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい