韓国、国家存亡の危機。中国への再属国化で起きる未曾有の悲劇

shutterstock_535659421
 

朴槿恵大統領の罷免が決定して政局は混乱、さらにTHAAD配備問題で中国の怒りを買った韓国は経済的にも大打撃を受けていますメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で、台湾出身の評論家・黄文雄さんは「このまま行けば韓国が崩壊するのは時間の問題で、中国の属国となって生き延びるか、南北統一という道を選ぶ可能性もある」との持論を展開しています。

【韓国】中国への再属国化で未曾有の悲劇が起こる韓国

朴槿恵大統領、韓国憲法裁が罷免を決定 疑惑発覚から半年で

ついに朴槿恵大統領が罷免されました。

これで60日以内に韓国では大統領選挙が行われます。韓国の混乱は目を覆うばかりの状況で、金正男暗殺とあいまって、非常に危険な状態にあります。

北朝鮮の国連大使は、金正男暗殺のVXガスは韓国から搬入したものだと主張しています。そして暗殺事件の黒幕は米国だと暗にほのめかしています。もはや100%の対決姿勢です。

現在の大統領選で最も人気があるのは文在寅氏であり、彼はTHAADの配備に反対、さらに日韓合意の見直しも宣言しています。

いわば、中国や北朝鮮にとってもっとも都合のいい大統領が誕生する可能性があります。前回のメルマガでも述べたように、中国は執拗に韓国に対して嫌がらせを繰り返しています。

直近では、中国のクルーズ船で済州島に到着した中国人団体客3400人が下船を拒否し、結局、そのまま天津に向けて出発するということがありました。そのため、済州島で乗車予定だった貸切バスや待機していた観光ガイドが無駄になったそうです。

あまりにも幼稚な嫌がらせですが、混乱状態にある韓国にとっては心理的なダメージがあるでしょう。しかし、そういった嫌がらせに対抗できないのが韓国です。事大主義の時代が長かったため、かつての宗主国である中国に対する恐怖心があるからです。

有名なのが、三田渡に建立された大清皇帝功徳碑でしょう。李氏朝鮮の仁祖は、ホンタイジに背き、大清国に対する朝貢や明への派兵を断わったことで、朝鮮半島は清国に蹂躙され、あっというまに降伏せざるをえませんでした。

そして仁祖はホンタイジに対して三跪九叩頭の礼を取り、いかに自らが誤っていたかを認めさせられることになりました。そのことを満州語、モンゴル語、漢語で記した石版が大清皇帝功徳碑です。

現在では「屈辱碑」とも呼ばれていますが、日清戦争で日本が勝利し、大韓帝国として独立したことにより、中国の使者を迎えるための迎恩門とともに破棄されたのです。現在ではそれが再び掘り返されてソウルに復元されています。

朝鮮半島をこの屈辱から救ったのが日本だったということになるのですが、ご存知のとおり戦後の韓国は反日教育に邁進し、はたして清国の属国だった時代が良かったのか、日本統治時代がよかったのか、相反する価値観のために、非常におかしな「の国になってしまったと思われます。

印刷する

人気のオススメ記事


  • 韓国、国家存亡の危機。中国への再属国化で起きる未曾有の悲劇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい