日本には創業100年超えが10万社。世界がひれ伏す老舗企業の共通点

kongogumi
 

先日掲載の記事「なぜ日本には老舗が多く残り、韓国は三代も続く店がないのか?」で、日本の商人が「武士道」に通じる精神を持ち合わせていることをお伝えしましたが、老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、他にも理由があるようです。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、4社を例に上げながらその秘密に迫っています。

老舗企業の技術革新

我が国は、世界で群を抜く「老舗企業大国」である。創業100年を超える老舗企業が、個人商店や小企業を含めると、10万社以上あると推定されている。その中には飛鳥時代、西暦578年に設立された創業1,400年の建築会社「金剛組」だとか、創業1,300年になろうかという北陸の旅館、1,200年以上の京都の和菓子屋など、1,000年以上の老舗企業も少なくない。

ヨーロッパには200年以上の会社のみ入会を許される「エノキアン協会」があるが、最古のメンバーは1369年に設立されたイタリアの金細工メーカーである。しかし、これよりも古い会社や店が我が国には100社近くもある。

お隣の韓国には俗に「三代続く店はない」と言われており、せいぜい創業80年ほどの会社がいくつかあるに過ぎない。中国でも「世界最大の漢方薬メーカー」北京同仁堂が創業340年ほど、あとは中国茶、書道用具など100年以上の老舗が何軒かある程度である。

(関連記事)なぜ日本には老舗が多く残り、韓国は三代も続く店がないのか?

さらに興味深いのは、100年以上の老舗企業10万社のうち4万5,000社ほどが製造業であり、その中には伝統的な工芸品分野ばかりでなく、携帯電話やコンピュータなどの情報技術分野や、バイオテクノロジーなど先端技術分野で活躍している企業も少なくないことだ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本には創業100年超えが10万社。世界がひれ伏す老舗企業の共通点
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい