国民1人あたり3100万円。国が隠し持つ内部留保の衝撃的な金額

shutterstock_530821507
 

なぜ日本人の給料は上がらないのか? 武田教授が暴露する巨大なウソ」、「「日本は借金大国」という大ウソを報じた、政府とNHKの罪と罰」の2回に渡って国の嘘を暴いてきた中部大学教授の武田邦彦先生。今回のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』では、日本国民に国が返すべきお金の金額について驚くべき事実を暴露しています。

日本の勤労者は1人あたり3106万円の貯金を持っている

政府も黒字、連結決算の政府も黒字、日本国も黒字で、世界的に見ても日本は他国に対して最大の黒字国ということになると、その黒字は一体、どこにどのぐらいあるの?という事になります。それを若干のダブルカウントも気にせずに整理をしてみました。

ここで若干のダブルカウントというのは実は政府が正確な数字を出していないので、外部から計算した値を使わざるを得ないということです。公的な機関がウソをついている場合は、民間では正確な数字は出せないのです。それはデータの元を持っている公的な機関自体がウソをつくために数字のかなりの部分を隠しているので、推定を加えなければならないからです。

まとめると・・・

日本政府の隠れたお金=40兆円

連結政府の隠れたお金=300兆円

企業内部の隠れたお金=350兆円

外国に貸しているお金=350兆円

国民がもっている国債=1000兆円

このうち、最初の40兆円と次の350兆円がダブルカウントなので、それを加味すると、隠れたお金の総額はちょうど2000兆円になります。つまり日本に関係する政府、企業、個人の財産は現在約2000兆円で、このお金がなぜ貯まったのかというと、「日本国民が勤勉に働いたから」に他なりません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 国民1人あたり3100万円。国が隠し持つ内部留保の衝撃的な金額
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい