北朝鮮への攻撃で韓国も焦土に?トランプが動けない深刻な理由

kitano20170414
 

アメリカが中東問題に手を焼いているのをいいことに、着々とミサイル・核開発を続けていた北朝鮮。気付いた時には、すでに「米国自身の脅威」へと変貌を遂げていました。日本にとって、そして世界にとっても大きなリスクを伴う「朝鮮戦争」を回避する方法は残されているのでしょうか? 無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さんが、緊張状態にあるアメリカと北朝鮮の今後を占います。

韓国が焦土になっても…アメリカの北朝鮮攻撃、究極の選択とは?

アメリカ海軍は4月8日、空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に向かわせると発表しました。

<米海軍>朝鮮半島近海へ航行中「存在感を強化」

毎日新聞 4/10(月)10:35配信

 

【ワシントン高本耕太】米海軍は8日、空母「カール・ビンソン」の空母打撃群が、朝鮮半島近海に向け西太平洋上を航行中と発表した。核・ミサイル開発を繰り返す北朝鮮へのけん制が狙いとみられる。米政府当局者はロイター通信に対し、「米軍の存在感を強化する必要がある」と語った。

 

空母打撃群は空母に加えて複数の艦載戦闘機やミサイル駆逐艦、ミサイル巡洋艦で構成される戦闘艦隊。カール・ビンソン打撃群は、8日に寄港地シンガポールをオーストラリアに向けて出航したが、ハリス太平洋軍司令官の指示を受けて反転し、北上を始めた。

皆さんご存知のように、これに先立ちアメリカは、シリアの空軍基地をミサイル攻撃しています。トランプは、「口だけではないことを証明した。さらに、このミサイル攻撃は、習近平との会談中に行われた。トランプは、夕食の最中にシリア攻撃を説明した。そして、北朝鮮について、トランプは習に、「中国が有効な手を打てなければ、アメリカは単独で行動する!」と言いました。「シリア攻撃」とあわせて習は、「トランプならやりかねないよな」と思ったことでしょう。

そしてアメリカは、日本政府にも、「戦争するからね!と伝えています

米が日本に「北朝鮮攻撃」を言及

ホウドウキョク 4/12(水)14:44配信

 

北朝鮮の核や弾道ミサイル開発をめぐり、アメリカ政府が日本政府に対し、中国の対応によっては、アメリカが北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る可能性を伝えていたことがわかった。

 

軍事攻撃の可能性への言及があったのは、先週、行われたアメリカと中国の首脳会談より前の4月上旬で、日米の外交筋によると、北朝鮮への対応に関し、アメリカ政府高官は、日本政府高官に対し「選択肢は2つしかない。中国が対応するか、われわれが攻撃するかだ」と述べ、「攻撃」という表現を使って、アメリカの方針を説明した。

「選択肢は2つしかない。中国が対応するかわれわれが攻撃するかだ」だそうです。

そして、シリア攻撃で支持率が一気に上がったトランプは、「やる気満々」発言をしています。

トランプ米大統領が北へ警告「米軍は世界最強…金正恩は失敗するだろう」=韓国メディア

WoW!Korea 4/12(水)17:01配信

 

ドナルド・トランプ米大統領は米国の軍事力が強大だとし、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「失敗するだろう」と改めて警告した。また、オバマ前政権のイスラム国(IS)撃退戦事例を挙げ、自身はこれとは違い北朝鮮に電撃的な措置を取る可能性があることを示唆した。

 

トランプ大統領は12日(現地時間)放映予定のフォックス・ビジネスとのインタビューで「米国はとても強い艦隊を送っている。航空母艦よりはるかに強い、非常に強力な潜水艦もある。米軍は世界最強だ」とし、「断言するに金正恩は仕損ずるのだ。大きな失敗をするだろう」と述べた。

「弱いオバマ」と違い、「俺は決断力のある強いリーダーだ!」ということですね。

在韓米軍家族の避難訓練も実施されていると聞きます。あらゆる情報が、「戦争に向かっていること」を示しています。しかし、アメリカにとっても、「シリアを攻撃する」のと「北朝鮮を攻撃する」のとでは、「全然別次元の話」なのです。今回は、この辺を考えてみましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北朝鮮への攻撃で韓国も焦土に?トランプが動けない深刻な理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい