習近平が10秒間も絶句。米中会談後わずか10日間で世界は変わった

shutterstock_605507846
 

シリアへの軍事攻撃実施を、米中首脳会談夕食時に習近平国家主席に伝えたというトランプ大統領。その会談終了後わずか10日の間に、米国による朝鮮半島周辺への原子力空母派遣や為替相場の混乱など、世界は大きく様相を異にしました。メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者・高城剛さんは「これらすべてはトランプの中国包囲網だ」との見方を示しています。

米中首脳会談後わずか10日間で様相を異にした世界

今週は、先日行われました米中首脳会談と、その後に起きました世界的な異変の数々につきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

4月6日と7日、米国トランプ大統領は、フロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」で中国の習近平国家主席との初会談に臨みました。

トランプは海外要人を迎えるマウンティングするのにこの地が最もふさわしいと考えている様子で、2月には日本の安倍晋三首相はここに招かれ喜んでいたそうですが、中国は、表向きには「海に面したスパニッシュ様式の別荘では米政府の象徴性を欠く」と反対の意を表明し、公式にホワイトハウスでの会談を望んでいました。

ですが、トランプ当選以降、険悪だった米中関係を考え、最終的には中国が折れることになりました。

すべては、ここからはじまっています。

その4月6日歓迎の意味もある米中首脳会談夕食時、トランプ大統領はこの会食終了間際に、習近平主席に「まるでデザートのように」シリアに対して軍事攻撃を実施したことを伝達しました。

その時の様子をトランプ大統領は、今週放送されたFOXビジネス・ネットワークのインタビューで、「習氏は10秒間沈黙した後、通訳を介して『もう一回言ってほしい』と聞き返した」と語っています。

この米中首脳会談の最中に、習中国国家主席は、米国を強く非難することはできませんでした

印刷する

人気のオススメ記事

  • 習近平が10秒間も絶句。米中会談後わずか10日間で世界は変わった
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい