韓国の新大統領は、なぜアメリカに嫌われているのか?

ou20170516
 

韓国第19代大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏ですが、反米反日、対北朝鮮融和派として知られた故・盧武鉉元大統領とつながりが深かった人物としても知られています。そんな文氏の国際舞台への登場は、日米韓の同盟関係や緊張が高まる北朝鮮情勢にどう影響してくるのでしょうか。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄さんが今後を占います。

【韓国】文在寅氏は「2代目 盧武鉉大統領」になるのか

韓国大統領選、文在寅氏が当選確実 9年ぶり政権交代

文在寅氏が韓国の大統領に選ばれました。これで盧武鉉政権以来、9年ぶりの革新政権の誕生です。慰安婦をめぐる日韓合意や、在韓米軍のTHAAD配備への見直しを明言、示唆してきた同氏が大統領になったことで、朝鮮情勢が一段と混迷することは明らかでしょう。

もともと文在寅氏は盧武鉉大統領の側近であり大統領秘書室長を務めたこともあります。また、それ以前にも盧武鉉とは同じ弁護士として共同事務所を開設したこともあり、まさに盧武鉉の盟友でした。2012年の大統領選挙に出馬しましたが、朴槿恵に接戦の末敗れたことは記憶に新しいでしょう。

文在寅氏の所属する「共に民主党」は、これまで野党第一党でしたが、文在寅氏が大統領選に勝利したことで、与党第一党となります。議席数のうえでも同党は第一位です。

朝鮮半島では歴史的に「朋党の争い」(内ゲバ)が続いてきましたが、この「共に民主党」を含めて韓国の政党は合併と分離を繰り返してきました。そのたびに政党名が変更になるので、覚えるのも大変です。

民主系政党は、1995年に金大中大統領が新政治国民会議を結成して以来、離合集散を何度も繰り返してきたため、10回以上も党の改名が行われています。「共に民主党」は、党内で主流派の親盧武鉉派(親盧派)と非盧武鉉派(非盧派)が対立していますが、もちろん文在寅は親盧派です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国の新大統領は、なぜアメリカに嫌われているのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい