世界は、核兵器の「個人所有」をこの男に許していいのだろうか?

miyawaki20170809
 

8月6日、そして8月9日は、忘れてはならない「人類史上最初と最後の原爆が投下された日」です。メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリスト宮脇睦(みやわき・あつし)さんは、被爆者の方々に哀悼の意を表するとともに、アメリカ軍の身勝手な「東京大空襲」と「原爆投下」の本当の理由、さらに核弾頭の小型化に成功したと言われる「北朝鮮」の今後の警戒すべき動きについても考察しています。

長崎原爆忌、テレビは何を伝えたか

72年前の8月9日長崎に原爆が落とされました。広島はもちろん、私たち日本人として忘れてはならない日の1つです。黙祷。

北朝鮮の三代目が開発している核爆弾。すでに弾頭化を実現していると8月8日のワシントン・ポストが伝えています。

すでにICBMも実用化のレベルに達していることはNHKの映像に確認できます。北海道室蘭市に設置してある、いわゆる「お天気カメラ」に、ほぼ垂直に落下する謎の発光体が映っていたのです。

漫画などでミサイルと言えば「びゅーん」と、横とか斜めに飛んでいくように描かれますが、大陸間弾道ミサイルとは、実にざっくりといえば、真上に飛んで、真下に落ちるもの。だから流れ星などとは軌道が異なり、その閃光が北朝鮮のミサイルであることは一目瞭然。

これに核弾頭を搭載すれば「あがり」。どんな形でも北朝鮮の体制は維持されます。現時点で、核保有国同士で全面戦争が行われたことがないからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 世界は、核兵器の「個人所有」をこの男に許していいのだろうか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい